おうち遊び

「Amazon FireHD -キッズモデル-」で子供が学べたこと【親の視点】

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

本日の記事は、「「Amazon FireHD -キッズモデル-」レビュー」「「Amazon FireHD -キッズモデル-」購入前の注意点」のつづき。

この記事では、

「Amazon FireHD -キッズモデル-」で「息子が学べたこと」を、親の視点でお話していきます。

では、はじまりはじまり~☆

タブレットの使い方を覚えた

当たり前といえば、当たり前なのですが、タップですらまともにできなかった息子が、自由自在にタブレットを使えるようになりました。

タップもスワイプもお手の物です。

アプリを起動して終了する。

光っているところ、派手な色のところをタップすれば、先に進む。

そういったことも理解できたようです。

さらに、「タップしたままスワイプする」といった細かい操作もできるようになりました。

ぽんすけがAmazon FireHDで設定していた目標、バッチリ達成です!

スポンサーリンク

 

非認知能力が鍛えられた

読者のみなさまは、「非認知能力」をご存じでしょうか。

ざっくりいうと、「テストだけでは測定できない力」のことです。

・・・

・・・

これだけでは良くわからないですよね!

(ぽんすけも初めて聞いたとき「???」でした)

具体例をあげていくと・・・

非認知能力には、自尊心、試行錯誤する力、自制する力、忍耐力などがあげられます。※1

非認知能力はこれからのAIが活躍する時代に必要ともいわれています。

ミーハーなぽんすけも、「非認知能力を息子にのばしてもらいたいなー」なんて思っていました。

まさか、タブレットに非認知能力を伸ばしてもらえるとは・・・とびっくりしています。

ではでは、

Amazon FireHDで、どんな非認知能力が鍛えられているかを、親視点でお話していきます。

試行錯誤する力

子供用タブレット「Amazon FireHD -キッズモデル-」購入前の注意点 」でもご紹介しましたが、

Amazon FireHDのアプリは丁寧な説明が一切ありません。

初見のアプリで遊ぶときは、いろいろなところをタップしてみる、スワイプしてみるということが必要になります。

正直、ユーザーに投げっぱなしです。

最初の数日。

息子は、何すればいいかわからないまま、アプリで遊んでいました。

結構イライラしていました。

ゲームのルールがわからないまま、試行錯誤してプレイしていく中、ルールを把握していきました。

手を動かすことで得られた結果を繰り返し知る。

ルールを理解する。

さらに、試行錯誤して、ルールを学ぶ。

試行錯誤のスパイラルループの発生です!

親から見ると、「こうやったら効率がいいのに・・・」なんて、やきもきする部分はあります。

でも、本人が自由に試行錯誤する。

うまくいって達成して喜ぶ。

明らかに、試行錯誤する力が鍛えられてます!

親としても、成長している姿を見ることができて、とってもうれしいです。

忍耐力

「試行錯誤する力」に似ています。

繰り返しプレイしないと、ルール把握ができないません。

自然と忍耐力が鍛えられます。

さきほどもお話したように、息子も、初見のアプリで遊ぶとき、イライラしていました。

でも、だんだんと頑張れるようになりました。

頑張り方がわかると、どんどん頑張れる時間がのびていきます。

忍耐力が明らかに鍛えられていました。

自尊心(自分『できるやつ!』と思える力)

試行錯誤して、忍耐強くがんばるじゃないですか。

そこで息子は、「自分ってすごい!」って思えるようになったみたいです。

息子「ほら、できたよ。すごいでしょ!!」

こんな言葉をよく聞くようになりました。

実は、ぽんすけ。自尊心が尋常じゃないくらい、低い。

「自分はできないやつだな。」「私は他人に迷惑しかかけていない」なんて、しょっちゅう考えちゃいます。

他人に「ぽんすけさんスゴイ!」なんて言われても、

ぽんすけ「イヤイヤ、私は大したことないです。もっとすごい人いますから。」

ぽんすけの根っこは、陰キャなのです。

でも、この自尊心が低いって、辛い!

息子には、「俺ってすげー!俺って天才!」と思えるようになったらいいなーと願っています。

Amazon FireHDが、試行錯誤と忍耐力を鍛えてくれて、自尊心まで息子に与えてくれました。

シンプルに言います。

やべえよ、このタブレット。

おわりに「Amazon FireHD-キッズモデル-は、学びが多いファーストタブレット」

全3回の「Amazon FireHD -キッズモデル-レビュー」いかがでしたでしょうか?

購入前は、4歳にタブレットなんて早すぎるかな?

依存症にならないかな?

なんて心配をしました。

その心配は杞憂でした。

しかも、想像以上に息子はいろいろなことが学べています。

あと、正直なお話。

子供の相手をタブレットがしてくれます。

親が楽。です。

しかも「タブレットしている間、息子には学びがある」と思えば、罪悪感もありません。

むしろ、気分がいい!!

「わくわくを子供に、安心を大人に」という売り文句以上に、学びの多いタブレットでした。

自宅遊びを余儀なくされている、今日この頃。

タブレットデビューのタイミングとしてはバッチリです。

親の気持ちを楽にする。

親の時間も確保できる。

しかも、子供にたくさんの学びがある。

そんな時間を、あなたに。

おあとがよろしいようで。

レビュー・オススメポイント▼

www.ziyukenkyulab.com

購入前の注意点▼

www.ziyukenkyulab.com

公式サイト▼

※タブレットサイズが2種類あります。お子さんの手のサイズに合ったものを選んでください。

Fire 7 タブレット キッズモデル ブルー (7インチディスプレイ) 16GB

Fire 7 タブレット キッズモデル ブルー (7インチディスプレイ) 16GB

  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: エレクトロニクス
新登場 Fire HD 10 キッズモデル ブルー (10インチ HD ディスプレイ) 32GB

新登場 Fire HD 10 キッズモデル ブルー (10インチ HD ディスプレイ) 32GB

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス

【参考文献】

※1:遠藤利彦(2017)「非認知的(社会情緒的)能力の発達と科学的検討手法についての研究に関する報告」

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です