オリジナル自由研究

アゲハ蝶の幼虫を全力で育ててみた!【自由研究】後編

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

本日の記事は「アゲハ蝶の幼虫を全力で育ててみた」のつづき!

頑張って、アゲハ蝶の卵と幼虫を手に入れたぽんすけ。

無事、アゲハ蝶を羽化させることはできるのか・・・?!

では、はじまりはじまり~☆

黒い幼虫をじっくり観察してみた

さっそく、飼育スタート!

幼虫と卵

卵はとってもかわいらしいのですが、どう見てものフンにしか見えない幼虫。

正直、可愛さの欠片もありませんが、羽化まで頑張ってお世話をしていきますよー!!

3日に1回、エサの葉を替えつつ観察をします。

1週間もすると、エサをモグモグ食べてくれる黒い幼虫に、愛着がわいてきました。

「卵も早く孵化してほしいなぁ。お世話したいなぁ」とワクワクと待っていたのですが・・・残念なことが起こりました。

・・・

・・・
孵化しなかった・・・っ!!

2週間ほど待ったのですが、残念ながら卵はピクリとも変化せず。

孵化を諦めざるをえません。

結構、悲しかったぽんすけです。しょんぼりです。

でも、ぽんすけのもとには、黒い幼虫さんがいます!

気を取り直して、大事に育てていこう!って決意です。

・・・

なんて思っていたら・・・
昨日まで、バクバク葉っぱ食べてたのに、急に動かなくなった!?

病気!?病気!?と焦ったのですが、特に何かできるわけもなく。

しばらく、そっとしておいたら・・・

アゲハ蝶のあおむし

アオムシさんこんにちは!

いつの間に!?

アオムシをじっくり観察してみた

鳥のフンがいつの間にかアオムシになって、衝撃を受けたぽんすけです。

今まで静かだったのがウソのよう。

アオムシさんは元気にバクバク葉っぱを食べています。

っていうか、食べるの早い。多い。

その後、調べてみると幼虫が脱皮するときに、一時的に動かなくなることがわかりました。

気合を入れていたら、食べるどころじゃないですよね。

病気じゃなかった・・・と一安心。

頻繁にエサを変えるのが面倒になってきて、新しい技(葉っぱのおうち作成)を見つけつつ、観察をしていきます。

しばらくすると、再び幼虫がじっとしています。

幼虫の期間に何回か脱皮すると聞いていたので、「また脱皮するのかなー」なんて思っていたのですが・・・

アゲハ蝶のあおむしが糸を張る

糸、張ってる?!

しばらくすると・・・

アゲハ蝶の緑色のさなぎ

ほわっ!

さなぎをじっくり観察してみた

さなぎになった、鳥のフンくんです。

幼虫と卵 アゲハ蝶の緑色のさなぎ

ここで、ぜひ皆様に見せたいものがあります。

突然ですが、問題です。

さなぎはどこでしょうか?

さなぎの接地場所

わかりますか?

正解は・・・

ふたの裏のあおむし

ふたの裏!

先ほどの画像も、正確にはこう!

天井につくアオムシ

うちの幼虫さん、天井にくっついたんです。

本来は、縦にのびた枝や葉にくっついて、さなぎになるのですが、気に入ったものがなかったようです。
天井でさなぎになっちゃいました。

そんな場所でさなぎになるのか!?と衝撃です。

ちょっと心配になったぽんすけは、縦横をひっくり返して、観察を続けます。

しばらくすると・・・

さなぎの変化 さなぎの色が黒

なんか、黒いアゲハ蝶の模様が浮き出てる!?

羽化した!!

アゲハ蝶の模様が浮き出てきて、ワクワクが止まらないぽんすけです。

「いつかないつかな・・・はやく羽化見たいなー」と、毎日、虫かごを覗いていました。

ある日のことです。

その日も「さなぎがどんどん黒くなるなぁ」なんて思いながら観察をして、洗濯を取り込みました。

しっかり、さなぎであることを確認してから、ベランダに出たのです。

洗濯物を取り込んで、ふと、虫かごを見ると・・・

アゲハ蝶が羽化した

羽化してらっしゃる!!

っていうか、ものの5分で羽化してる!

嬉しいんです。もちろんうれしいんですが・・・
羽化の瞬間を、み・の・が・し・たっ!!!!!

なぜ、洗濯物を取り込んでしまったのか・・・超、悔しい。

でも、パタパタと羽を頑張って動かす蝶を見て、ほっこりしたぽんすけです。

そのまま、息子に大空へ逃がしてもらいましたとさ。

おわりに「1mmの黒い虫がアゲハ蝶になる感動をぜひ!」

「アゲハ蝶の幼虫を全力で育ててみた」いかがでしたでしょうか?

ぽんすけ自信、知識では、アゲハ蝶が幼虫→さなぎ→蝶になることは知っていました。

読者の多くの方も、アゲハ蝶の変化を知識でご存知だと思います。

でも、知ってましたか?

鳥のフンがアオムシになるときは、じっとしてるんです。

さなぎだって、ずっと緑色じゃないんです。色が変わるんです。

産まれたてのアゲハ蝶の羽はしっとりとしているんです。

たった、1mmの黒い虫がキレイなアゲハ蝶になるその一瞬一瞬に、ちっちゃいけど、確実な変化を見ることができます。

どうぞ、アゲハ蝶の観察で、ステキな発見をしてみてください!

おあとがよろしいようで。

その後、大量の卵を孵化させたぽんすけによるアゲハ蝶の育て方▼

アゲハ蝶
【失敗しない】アゲハ蝶の幼虫の育て方と注意点【自由研究】 ぽんぽこぽん!ぽんすけです。 お読みいただきありがとうございます。 「おかあさん。これ何?」 庭の木をみると、...

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン
こちらの記事もおすすめ!
オリジナル自由研究

【冬の風物詩】公園で自然にできる葉脈標本(スケルトンリーフ)を観察しよう!【勝手に自由研究】

2019年2月25日
自由研究Lab.(自由研究ラボ)
どぶろ・ゆーとろ!ぽんすけです。   みなさま、葉脈標本(スケルトンリーフ)をご存知でしょうか?  このように、葉っぱの柔らかい部分がなく …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です