自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

科学のお店「scibox(サイボックス)」に行ってみた!レビュー

ぽんぽこぽん!

ぽんすけです。お読みいただきありがとうございます。

 

つい先日、友人と神田明神にお参りに行こうかーと話していました。

待ち合わせ時間が昼すぎだったので、じゃあ午前中どこに行こうかなーと思案。

 

この日は子供を二人とも預けられたので、せっかくなら、どっか遊びに行きたい!

 

ということで、以前から行きたかった「scibox(サイボックス)」@秋葉原さんに行ってみることにしました。

【実験器具・科学グッズの通信販売】科学のおみせ:サイボックス

 

サイボックスでは、たくさんの実験グッズや科学グッズが店頭販売してるとのこと。

学校の先生も御用達らしい。

自由研究をしている身としては・・・血がたぎるぜ!

 

本日の記事は「scibox(サイボックス)に行ってみた!」。

どんなお店なの?どんなものが売ってるの?

実際に撮影してのご紹介です。

(sciboxさんに撮影&ブログ掲載許可をいただきました。ありがとうございます!)

 

結論から言うと、

科学大好きっ子、実験大好きっ子には超オススメの場所でした!

 

はじまりはじまり~☆

  

秋葉原に降り立ったぽんすけ。

早速Google先生に、sciboxさんの場所を尋ねます。

 

 

意外と遠い・・・歩きたくない・・・とかつてのぽんすけなら思っていたでしょう。

 

しかし!

筋トレオタクになったぽんすけには10分のウォーキングなんてなんのそのです。

筋トレオタク話:【1か月4kg減】「尻ピク」!?リングフィット アドベンチャーのレビューと効果

 

秋葉原が10年くらいぶりなぽんすけ。

「外国人観光客さんが増えたなぁ」なんて思いながら、10分さくさくと歩きます。

謎の路地を曲がり曲がり・・・

 

たどり着きました!

 

目印はこちらの看板(多分サイ)。

よし、入るぞ!!と意気込んだら、なんと、スタッフさんのお出迎えがありました。

 

どどん! 

 

骨?

いえいえ、何を言いますか。立派なスタッフさんですよ。

よくよく見てください。社員証、ついてるじゃないですか。

 

こちらが、肩がセクシーなホネーチョさん。

 

こちらが、麗しの鎖骨を誇る肉無(ニーナ)さんです。

 

鬼コスプレなセクシー社員さんにお出迎えされて、いざ、中へ!

 

店内に入ると、所狭しと科学グッズが並んでます。

 

自由研究キットから、ビーカーなど科学器具、酸素ボンベまでなんでもござれ!

自宅ですぐに使えそうな実験グッズも売られていました(思わず買った)。

 

 

すみっちょには、実際に体験できるコーナーもあります。

 

更に、理科を身近に感じたい人向けの文房具グッズまで(思わず買った)。

 

科学メモ帳、マジかわいい・・・

 

市販のいろいろな科学アイテムがそろっているのも、ワクワクするのですが、 

個人的に超オススメなのが、市販されていないオリジナル実験キット。

 

例えばこちら。

単なる、丸く成型された段ボール。

実はこれ、高いところから卵を落としても大丈夫!な、卵シェルターなのです。

(商品名:ミニたまプロテクター)

とっても手作り感あるパッケージングですが、その性能は折り紙付き!

大きいシェルターに至っては、衝撃の文言が・・・

 

高度200 mから落としても卵は割れませんでした。

もう一度、言います。

 

高度200 mから落としても卵は割れませんでした。

 

即買いです。

 

 他にもここでしか手に入らないグッズがたくさんです!

 

科学のとりこな皆様。

自由研究のネタ探し中な皆様。

秋葉原にお越しの際は、ぜひ遊びにいってみてください!

 

・・・

・・・・

 

最後に、科学に全く関係ない、余談。

秋葉原といったら、何を思い浮かべますか?

 

電気工作グッズが買える場所?

オタクの町?

ゲームの町?

 

確かにその通り。

ですが、ぽんすけにとって秋葉原といったら、メイド喫茶なのです!

 

秋葉原によく遊びにいっていた頃、行きつけのメイド喫茶があったのです。

その名も私設図書館 シャッツキステ」!

 

名前にも冠されているように、図書館がコンセプトのメイド喫茶です。

ここの何がすごいって・・・

紅茶飲み放題なうえ、ごはんが、おしゃれおいしい!

 

 

読書にバッチリな落ち着いた雰囲気!

 

時代を感じる古書たち!

 

一人ボードゲームだってできちゃう!

 

そして、極め付けが・・・

静かでおだやかなクラシックメイドさんたち(給仕してくれたり料理研究とか編み物とかしてる)

しかも、それぞれにマニアックトークが可能。

 

秋葉原にお越しの際は、サイボックスに寄ったあと、シャッツキステでお茶なんていかがでしょう?

 

おあとがよろしいようで。

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について