自由研究ラボ

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!自由研究に役立つ情報も同時配信中。

1本の赤ペンで、何個の丸がかけるの?④~結果発表~【勝手に自由研究】

f:id:ziyukenkyu_Lab:20180907174417p:plain

ちゃお・あうむ!ぽんすけです。

「1本の赤ペンで、何個の丸が書けるの?」というテーマで自由研究をしております。

ちなみに、第1弾はこちら↓

 

前回の記事はこちら↓ 

 

実験方法はこちら↓

① 学校の先生の友人に赤ペンで10個の丸を書いてもらい、丸の線の長さの平均値を出す

② 5 mm方眼ノートの線上に、赤ペンでひたすら線を引く。

③ 赤ペンのインクがでなくなったら終了。その時点までの線の長さを測る。

④ ③でわかった線の長さ ÷ ①の平均値 = 1本の赤ペンで書ける丸の個数!

 

本日は、結果を発表します!

赤ペンでひたすら線を引いた結果・・・・ 

赤ペンのインクが出続けて、ぽんすけの心が折れました!!!!

 

というのも・・・

赤ペンで引いた距離が、450 mを超えた時点で、こんな感じに線がうすーくなってきました。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181106171545j:plain

一度、キャップをして、ペンを振ると再びインクが出てきます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181106171742j:plain

 これを何度も繰り返して、ひたすら線を引いていたのですが、あるとき思います。

 

こんなかすれた赤ペンを、果たして現実で使うだろうか・・・?

 

この実験のきっかけは、赤ペン消費が激しいと話していた学校の先生です。

 

果たして、学校の先生は、こんなかすれた赤ペンで、生徒の丸付けをするだろうか・・・?

 

少なくとも、私が生徒なら、こんなかすれた線で、自分の答案が丸つけられていたらしょんぼりします。

 

しかし、

ブログで「赤ペンのインクが出なくなったら終了」と宣言している限りは、赤ペンのインクが出なくなるまでは、がんばりたい!

かすれが終わるところを見てみたい!

 

そんな志を持った、たぬきがいました。

 

しかし!

 

ひけどもひけども、かすれ続ける。

正直、ぽんすけなら、こんなペンを捨ててしまう。

現実的じゃねぇ

そろそろ終わりたい

ってか辛い。

 

最後の一押しは、実験のきっかけとなった、友人(学校教員)の一言でした。

「こんなかすれたペンじゃ、丸付けないよ」

 

 

うん。

 

 

と、いうことで。

実験方法変更!!!

 

【実験方法】

① 学校の先生の友人に赤ペンで10個の丸を書いてもらい、丸の線の長さの平均値を出す

② 5 mm方眼ノートの線上に、赤ペンでひたすら線を引く。

③ 赤ペンのインクがでなくなったら終了。その時点までの線の長さを測る。

③ 学校の先生の友人に、実際に赤ペンを引いたノートを見てもらい、「赤ペンを捨てよう!」と判断する、かすれ具合の部分を教えてもらう。

④ ③でわかった線の長さ ÷ ①の平均値 = 1本の赤ペンで書ける丸の個数!

 

 ということで、改めて、結果発表!

 

③ 学校の先生の友人に、赤ペンを引いたノートを見てもらい、「赤ペンを捨てよう!」と判断する、かすれ具合の部分を教えてもらう。

友人に実際に線を引いたノートを見てもらって、捨てるタイミングを聞いたところ、このかすれ具合で捨てるとのこと。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181106172015j:plain

 

ちなみ、直前のページはこちら↓

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181106172124j:plain

うーん・・・線の真ん中が、うっすらかすれているような?

 

さて、このかすれるタイミングまでは、何mだったかというと・・・

479 m(小数点以下、四捨五入)でした!!!!!

 

④ ③でわかった線の長さ ÷ ①の平均値 = 1本の赤ペンで書ける丸の個数!

 

ということで、

479 m ÷ 0.1 m(10 cm) = 4790個!

 

ということで、1本の赤ペンで書ける丸の数は4790個!

 

ちょっと考察。

友人の中学校の先生が、1年間のテスト採点でどれくらい赤ペンを消費しているかを考えてみます。

中学校の1クラスは40人。その中学校には8クラスあります。

1年間にテストは(中間テスト+期末テスト)×3学期、つまり6回あります。

テストは1問2点とし、1枚のテストに50個の丸が必要とします。

つまり、1年間のテストで何個の丸をつけるかというと・・・

40 × 8 × 50 × 6 = 96000 個!!!

1年間に96000個の丸を付けることになります。

 

今回の実験で、1本の赤ペンで書ける〇の数は4790個だとわかりました。

つまり、

1年間のテスト採点で消費している赤ペンは・・・

96000 ÷ 4790 = 20本以上!!!

 

先生御用達のこちらのペン、1本150円。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20180907173456j:plain

つまり、1年間3000円以上を自腹で・・・!

 

頼む、友人。

そして、赤ペンを自腹で購入している先生がいましたら、お願いします。

赤ペンは、経費で落としましょう。

 

更に、小話。

丸の平均の長さは10センチです。↓画像参照

f:id:ziyukenkyu_Lab:20180908220714j:plain

年間96000個の丸をつける中学校の先生。

 

1年間で赤丸を、9600 m(9.6 km)つけています。

大体、東京ディズニーランド3周分の赤線を引いてます!

 

先生は、すごい!!!!!

 

おあとがよろしいようで。

 

 

他にもこんな自由研究をやっています。