自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

カルキ抜き(ハイポ)で結晶を作ってみよう!その2【勝手に自由研究】

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

本日の記事は「【画像付き】カルキ抜き(ハイポ)で結晶を作ってみよう!【勝手に自由研究】 - 自由研究ラボ」の続き。

 

液体カルキ抜きで、実際に結晶を作ってみたお話をしていきます!

はじまりはじまり~☆

 

カルキ抜きから結晶を作ってみた

結晶の作り方を考える「溶媒蒸発法」

カルキ抜きの粉を見つけられなかったぽんすけ。

液体のカルキ抜きの水を蒸発させて、結晶を作ってみることにしました。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190128122357j:plain

 

さて、ここで問題になるのが、どうやって蒸発させるか?

 

水を蒸発させるにはいくつか方法がありますが、すぐに思いつくのはこの2つ。

 

1)温めて、無理やり水を飛ばす

2)部屋に放置して、乾く(水が蒸発する)のを待つ

 

手っ取り早そうなのは、「1)温めて無理やり水を飛ばす」です。

 

よし、火にかけてみよう!

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181114115330j:plain

 

さて、読者のみなさまはお気づきでしょうか?

このたぬき、おおばか野郎であることに。

 

たぬきは「ミョウバンで大きな結晶を作ってみよう!~結晶ができる原理~【勝手に自由研究】 - 自由研究ラボ」で、

「水の温度が上がると、ミョウバンの溶ける量が増える」

と書いているのです。

 

もちろん、カルキ抜きも、同じことがおこります。

水の温度が上がると、チオ硫酸ナトリウムの溶ける量が増えるのです。

 

ここで、結晶の原理を思い出してください。

結晶を作るには、カルキ抜き(チオ硫酸ナトリウム)が溶けきれないくらいに水を蒸発させる必要があるのです。

 

そう、溶けきれないくらいに、水を蒸発させるのです。

 

水温上げて、チオ硫酸ナトリウムを溶けやすくしてどうするんだ、たぬきよ。

 

あたためたら、一生結晶なんてできません。おうふ。

 

ということで、「2)部屋に放置して水が蒸発するのを待つ」ことにしました。

 

適当な瓶に、カルキ抜きを入れて、ホコリ避けのラップをして・・・

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190210155706j:plain

 

放置!

 

ここで余談。

今回のように「水(溶媒)をちょっとずつ蒸発させることで、結晶を作る」ことを溶媒蒸発法と言います。

この方法を精密に制御することで、スマホや家電製品に使われる半導体の基幹部分が作られます。

結晶作りって、人間の生活に絶対必要なものなのですね!

 

結晶ができあがった!「・・・アクアマリンや!」

ワクワクと結晶が出来上がるのを待っていたたぬき。

最初の1週間は、毎日のように「結晶ができないかなー」と瓶を覗いていました。

 

しかし!何も変化しない!!!

同じタイミングで作った他の結晶達は、ぞくぞくと結晶を作る中、

カルキ抜きの結晶はかけらも見つかりません。

 

そんなこんなで日々が過ぎ、実験していることすら忘れたたぬき。

こちらの液体を半年放置しました!

 

結果。

 

け、結晶だ・・・っ!

四角い結晶がたくさんできました。

 

1つの結晶サイズは5mm程度です。

結晶を液体から引き上げてみると・・・

あ、アクアマリン!!

水色の宝石のような結晶ができました。

 

本来、チオ硫酸ナトリウムは無色の結晶です。

結晶チオ硫酸ナトリウム(ハイポ) カルキ抜き (1kg)

 

今回の場合、カルキ抜きに入っている色素と一緒に結晶ができたため、アクアマリンのような澄んだ水色の結晶ができたようです。

 

これは、ぜひ、みなさんに見てもらいたい一品です。

 

まとめ

☑ カルキ抜きの主成分は「チオ硫酸ナトリウム」

☑ カルキ抜きを瓶に入れて放置すると、結晶ができる

☑ カルキ抜きの結晶はアクアマリンみたい!

 

「カルキ抜きで結晶を作ってみよう!」いかがでしたでしょうか?

 

今回は、液体を半年放置をしましたが、実際はもっと短期間でできると思います。

(たぬきの記憶が正しければ、1か月程度で結晶が析出していました)

 

やることは、液体を瓶に入れて放置するだけ!

あなたの手には美しいアクアマリンが手に入ります。

ぜひぜひ、おうちでやってみてくださいね!

 

最後に、結晶マスターな読者さまならお気づきかと思います。

「温めて水を蒸発させてから、部屋に放っておけばよかったのでは?」

 

・・・

・・・・

ぜひ、やってみてください!

たぬきは、賢いあなたにバトンをお渡しします。

 

おあとがよろしいようで。

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について