自由研究ラボ

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

最強の船酔い止め!市販薬【アネロン・ニスキャップ】のご紹介&経験談~いつ飲めば?注意点・副作用は?~

こんにちは!管理人のぽんすけです。

当ページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

このページをご覧の方は、こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

 

レジャーで船に乗る予定だけど、乗り物酔いが怖いから薬を持っていきたい・・・

以前、船に乗ったときに、船酔いがひどくて本当につらかった!

仕事で船に乗るから、絶対に酔わないようにしたい!

 

車には余り酔わないぽんすけですが、船だけは苦手でした。

 

船に乗って、港を出た瞬間にリバース。

吐いた瞬間はスッキリするも、またしばらくしてケロケロケロ。

周りは平然とした顔をしているのに、なぜか一人だけビニール袋が手放せない始末。

 

しかし何の因果か、実習やアルバイトで

小型の漁船から大型のクルーズ船まで、大小さまざまな船に乗ってきました。

その合計日数、およそ100日間!

 

今回の記事では、

船酔いが酷いのに、船に乗りまくっていたぽんすけが、

最強の酔い止め市販薬(ぽんすけ調べ)をご紹介します!

 

その名も・・・

アネロン・ニスキャップ(通称アネロン)!!

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190205160441j:plain



目次

 

アネロン・ニスキャップの簡単なご紹介 

 

乗り物酔いと聞くと「トラベルミン」を思い出す方も多いのではないでしょうか?↓

初めて実習船に乗ったとき、ぽんすけもこちらを持参して船に臨みました。

しかし、見事に船酔い!

ずーっと起き上がれない事態に・・・

 

その後の乗船でも、いくつかの酔い止めを使ってみたのですが、起き上がれない日々。

 

ある日、そんな体験を乗船経験の長い先輩に話したところ、

そっと手渡されたのが、この「アネロン・ニスキャップ」でした。

 

「トラベルミン」と同じく、「アネロン・ニスキャップ」も

1日1回服用で、24時間効きます。

 

これは購入するしかない!と思ったぽんすけ。

意気揚々と次の乗船の準備のために、「アネロン・ニスキャップ」を購入しに薬局へ行きました。

 

以前購入した「トラベルミン」や、他の酔い止めのかわいらしいパッケージが並ぶ中、

ひっそりと硬派なパッケージでたたずむ「アネロン・ニスキャップ」。

 

手を伸ばそうとして、ふと、手が止まります。

値段、高くないか?

 

当時の値段は忘れてしまったので、Amazonの参考価格で調べたところ(2019年2月4日現在)、「アネロン・ニスキャップ」は1日あたり168円します。 

「トラベルミン」は、1日あたり70円程度となります。

 

「アネロン・ニスキャップ」は他の酔い止めと比べて、明らかに高級品なのです!

 

当時、学生のぽんすけには痛い出費です。 

しかし、先輩の言葉を信じて、断腸の思いで購入!

 

そして「アネロン・ニスキャップ」を服薬して、実習船に乗ったところ、

無事、酔わずに済みました!

 

それから、乗船のときには必ず「アネロン・ニスキャップ」を持ち込むようになり、「アネロン・ニスキャップ」信者へと成長していったのです・・・

 

いつ飲めばいい?

1時間前がオススメ!

説明書には30分前の服用と記載されていますが、ぽんすけの場合は30分前だと気持ち悪くなることが多かったです。

1時間前に飲んでおくと、しっかり効きました。

 

ちなみに、酔い始めてからは効きが悪かったです。

 

以前、うっかり乗船前の服薬を忘れて、船が動き始めてから薬を飲んだことがありました。

 

湾を出て、外洋に出た瞬間に、ぐらんぐらん揺れ始める船。

 

出航1時間経って、アネロンを飲み忘れたことに気づき、あわてて服薬。

 

そして、その20分後に、トイレへGO!

その日の昼食は、すべてトイレの排水へと消えていきました・・・

 

ちなみに、そのときの吐しゃ物は、なんと真っ青!

 

アネロンが体内で溶けると青くなるらしく

人間から排出されるべきではない、人工的な吐しゃ物がみられます。

(もしアネロンを飲んで吐いてしまった同志は、青い吐しゃ物だったとしてもご安心を。)

 

1週間という短期間のアルバイト航海でしたが、その後もずっと吐き続け、仕事にならず。

船員さんに「使えねぇなクソアマ!」と罵られたのは今でもいい思い出です・・・

(ちなみにその後、船員さんは、吐き続ける私を優しく介抱してくれました。心から感謝。

 

みなさま、アネロンは必ず、

乗船の1時間前には飲みましょう!!

 

余談。

上で簡単に触れた「トラベルミン」はアネロンよりも酔い止め効果は抑え気味ですが、酔い始めてからも効くという素晴らしい効果が!

酔い始めてから飲むならば、アネロンよりもトラベルミンがオススメ。

 

服薬時の注意点

以下は、絶対に守ってください。

 

1)15才未満の方は飲まない。

 

2)他の乗物酔い薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、胃腸鎮痛鎮痙薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、アレルギー用薬等)

の同時使用はしない。


3)服用後の乗物または機械類の運転操作をしない

 

特に、2)はうっかりしてしまう場合があるので注意。

 

説明書を全く読まずにアネロンを使っていた、ぽんすけです。

 

ある乗船中、5日間連続でアネロン服薬していたときに、強烈な頭痛に見舞われて、

解熱鎮痛薬(ロキソニンS)を飲んでしまったことがあります。

飲んだあと、しばらくは何も起こらなかったのですが・・・

 

甲板で作業をしているときに、どこからともなく

「〇〇(ぽんすけ本名)さーん、〇〇さーん」

と呼ぶ声が・・・

 

周囲を見渡してみても、私に声をかける人は誰もいません。

幻聴でした(恐怖!)。

 

ちなみに、1日も経たずに症状は治まりました(一安心)。

 

もちろん、この幻聴が、アネロンとロキソニンSを同時服薬したことが原因なのかは不明です。

しかし、市販薬でもちゃんと説明書を読もうと決意した瞬間です。

 

ちなみに、使用時の注意は他にもあります。

詳細はこちらのサイトをご覧ください↓

アネロン「ニスキャップ」

 

服薬時の副作用は?

アネロンの説明書を見ていただくと、以下の副作用が書かれています。

口のかわき、便秘、下痢、眠気、目のかすみ

 

このうち、ぽんすけは口のかわきと便秘を経験しました。

 

口のかわきの経験談

要は、喉がすごく乾きます。

「お前は、サウナにでもいるのか?」ってくらい乾きます。

 

特に、服薬して2時間くらい経ったころに、強烈に喉がかわくので、常にマイボトルを携帯していました。

飲み物を飲めないときは、飴をなめて乾きをしのぐのも効果的です。

 

ぽんすけの場合、

3日連続でアネロンを飲んでいると、喉のかわきは落ち着きました(体が慣れた?)。

 

便秘の経験談

もともと便秘がちなぽんすけです。3日くらいご無沙汰なときもあります。

 

しかし、アネロンはその程度では満足しません。

ゆうに、1週間の便秘を経験しました(地獄)。

 

以前、アネロンと他の薬で幻聴を経験した(と思っている)ぽんすけは、

どうにか薬に頼らず、便秘を解消しようと四苦八苦しました。

 

しかし、一般的な便秘解消法ではなかなか効果はありません。

 

そこで、 乗船経験が長い船員さんに相談してみたところ

船員「1週間も船に乗ってるんでしょ?」

  「きっと、体が揺れに慣れてるから、服薬やめたら?」

とのこと。

 

試しに服薬をやめたら、便秘解消!

しかも、船酔いもない!

 

その後、いろいろ経験した結果、

最初の3日間だけ服薬すれば、体が揺れに慣れると判明!

 

ということで、

長期間、船に乗る人は、

最初の3日だけ服薬して、その後、様子を見て服薬するのをオススメします。

 

 

いくつか注意点、副作用はありますが、

それさえ気を付けていれば効果は絶大!の酔い止めです。

船酔いにお困りの方は、ぜひ利用してみてください!

 

参考になりましたら、うれしいです。

【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

 
 

 

当サイトは、普段、自由研究についてまったりお話ししています。