キットレビュー

私が自由研究キット「DNAを調べよう」をオススメできない理由

こんな人にオススメ▼

・DNAを取り出す実験を自由研究テーマにする予定の人

・DNAを取り出す自由研究キットを購入予定の人

ぽんぽこぽん!

サイエンスコミュニケーターのぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

本日の記事は「自由研究キットやってみたレビュー」第16弾!

「DNAを調べよう(自由研究おたすけキット)」のご紹介です。

DNA取り出し実験

さっそく、レビューをお話していきたいのですが、こちらの記事を読む前に、読者の方に謝罪があります。

辛口なレビューです。

この実験キット、実は超!有名。

【2021年】小学生向け夏休み自由研究キットのおすすめ人気ランキング21選(外部リンク)

だったり、

自由研究キットが力強い味方に! 学年別の選び方から実験・観察・工作・調べ学習におすすすめキットを紹介(外部リンク)だったりと、

超大手サイトで高評価です。

Amazonの売り上げも高い。

それで、ぽんすけはとても楽しみにしていました。

売れてるし、専門家の方々がオススメしているから、きっと、

・わかりやすくて

・まとめやすくて

・学校に提出しやすくて

・何より楽しい!

「これまでご紹介してきた、16個の自由研究キットよりもスゴイ!」自由研究キットなんじゃないかと、ワクワクしていました。

ですが、残念ながら、その気持ちは裏切られてしまいました。

このブログのキットレビューの方針は、

キットの素敵なところを、全力で紹介しよう

です。

なのですが、今回のキットで遊んでみて、ぽんすけには素敵なところを見つけられませんでした。

結論から言うと、実験のあとに心の中に残ったのは・・・
だから、何?

です・・・。

キットの素敵なところを引き出せなかったのは、ひとえにぽんすけの能力不足だと思っています。

それでも、やっぱりオススメできない・・・そんな気持ちで記事を書いています。

ということで、今回の記事では

・「DNAを調べよう(自由研究おたすけキット)」やってみた

・DNA抽出実験を自由研究としてオススメしにくい理由

をお話していきます。

では、はじまりー。

「DNAを調べよう」やってみた

まずは、実際にやってみたお話をしていきますね。

自分のよだれをゲットする

このキットでは、ブロッコリー・レバー・自分のDNAを観察できるようになっています。

「せっかくなら、自分のDNA見たいよね!」と思い、さっそく自分のDNA観察をすることに。

まずは何をやるのかな?と取扱説明書を読むと・・・

うがいした唾液をコップに吐き出す

ま・じ・で?

コーヒー飲んだ直後だけど大丈夫かなぁと不安になりつつ、まずはフツーにうがい。

ついでに気になったので歯磨き。

そのあとは、よだれをコップにとります(恥ずかしいので画像はなし!)。

まずはよだれゲット!

細胞溶解液をつくる

DNAを取りだすためには、細胞を壊さなくてはいけません。

そこで、登場するのが「細胞溶解液!」

キットに封入されていました(画像左上▼)。

DNA取り出し実験

作り方は、細胞溶解液を水と混ぜるだけ。

あっさり完成です。

細胞溶解液混ぜる

細胞溶解液とよだれ水を混ぜて湯せんする

お次は、いよいよ細胞を溶かしてDNAをゲットします。

細胞溶解液とよだれ水を混ぜて・・・

細胞溶解液とよだれ

10分湯せん!

DNA分離湯せん

ここまで、手を動かしているだけ液体に何も変化がありません。

さみしい・・・

混ざった液にエタノールをいれる

最後に混ざった液に、エタノールをいれます。

そーっとそーっと入れていきます▼

細胞溶解液にエタノール入れた直後

10分後▼

DNAの抽出完了 DNAの抽出完了2

白いモヤモヤは、DNAなんだって。

・・・つまり、DNA抽出完了!!!

めでたし!

なんだか実験っぽいことをできました。

でも、・・え?

ここから何するの?

と思ったのですが、取り扱い説明書を読んでも、DNAを抽出したら、実験は終了なようです。

DNA抽出実験を自由研究にしづらい理由

取扱説明書を見ると、

・他の生き物でもDNAを取ってみよう!

・みんな同じ白いモヤモヤがとれるよね?

・つまりDNAは生き物の種類に関係なく、同じ形をしているんだ!

という追加実験と考察例が掲載されています。

でも、実際にやってみるとですね、

・他の生き物同士で、モヤモヤの取れる量違う。なんで?

→でも実験のしようが無い。

・これがDNAって言われても、本当にDNAなのかわからない(細胞溶解液の成分が明確に掲載されていない)。

・「自分のDNAが親とどれだけ違う」とか、「DNAを調べる」と聞いて想像できることが調べられない。

といった考えがどんどん浮かんできます。

一番つらかったのは、DNAを調べる!と聞いて期待したことと、実験が合ってないこと!

結局、ぽんすけは
DNA取れたから、何?

という感想になってしまいました・・・

また、「DNAを調べる」というタイトルに沿った実験のアレンジも思いつきませんでした。

能力不足ですみません。

(たとえば「自分とペットのDNAの違いを調べる!」というテーマにしても、調べるためには、自宅では用意できない特別な機械と薬品が必要なんです。ムリ。)

正直に話します。
ぽんすけは、この自由研究キットを自由研究テーマとしてオススメできません。

ただし、DNAの調べ学習の1つしては活躍させることができます。

DNAって、学校の授業でもとても重要な位置づけです。

教科書で習うだけのDNAを間近で見れるのは、いい経験になる・・・カモ?

(でも多分、私だったら、ただのモヤモヤを見ても「ふーん」で終わる)

そこで、DNA抽出実験を自由研究にするなら、『調べ学習』にすると学校の勉強に役立つかもしれません・・・

・・・
って、ごまかしぃぃいいい!!!
やっぱり、オススメできないよぉぉぉおおおおっっ!!!

おしまい!

キットレビュー一覧

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です