自由研究ラボ

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

アボカドの種でピンク色に草木染め!フェルトコースターを作ってみよう【勝手に自由研究】

なますて!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

突然ですが問題です。

3歳の子供が通称「卵」と呼ぶ、野菜はなーんだ?

 

正解は、こいつです。

アボカド!

 

栄養価抜群なうえに、美容にもダイエットにもいい!と、いいことづくめなアボカド。

ぽんすけも大好きで、スーパーで1個98円の特売を発見すると、思わず3個くらい買ってしまいます。

 

その日も、2個のアボカドを買い占めて、ほくほくのぽんすけ。

いつものようにアボカドでサラダを作っていると、ふとこんなことを思います。

 

「種、もったいないなー」

 

アボカドを調理してみるとわかるのですが、

アボカドの種って、5 cmくらいあって、結構大きいのですね。

夕食後の片づけのとき、

「何か使いようはないかなー」と、ぼーっとアボカドの種の皮をピリピリしていました。

 

・・・ん?

 

包丁のあとが、なんだか赤い!?

 

乳白色なアボカドの種からは、想像のできないような鮮やかな赤色です。

 

ここで、ぽんすけは「ピンっ!」ときてしまいました。

きてしまったのです。

 

ちょうど、「【簡単】桜の枝を使って桜染めをしよう!」という草木染めのブログ記事を更新したときでした。

 

アボカドの種で草木染めができるのでは!?

 

ということで、本日の記事は、

「アボカドの種でピンク色に草木染めしてみよう!」

 です!

 

せっかくなら普段使いできるようなものを作ってみようと思い、

市販の「フェルト生地」を染めて、簡単なフェルトコースターを作ってみました☆

 

はじまりはじまり~。

 

 

用意するもの

1)アボカドの種(2個)

包丁でスライスしてください。

今回の記事では茶色い皮を剥いていますが、剥かなくてもOK!

 

2)フェルト生地(ウール混のもの)

必ず、ウール混(羊毛混)のフェルト生地をご用意ください!

手芸用品のお店に売っています。

100円均一に売られているフェルトはポリエステル100%がほとんどなので注意!

 

コースターサイズにカットしてください。

今回はシンプルに丸型ですが、ハートや星型もかわいくてオススメ☆

 

この記事では、白いラインのデザインを入れるため、フェルトに割りばしをつけています。

ゴムでぎゅっと、割りばしをとめてください。

こうすると、割りばし部分の色が染まらないので、染色後のコースターに白いラインが残ります。

 

3)鍋

ご自宅にあるものをどうぞ!

ただし、アルミ鍋は使わないでください (うまく染まらない可能性があります)

草木染めの本で確認したところ、普段の調理に使っているものでもOKのようですが、気になる人は、別途ご用意ください(ダイソーで500円程度で売っています)。

今回はステンレス製の20 cm鍋を使いました。

 

4)バケツ

染料を一時的に保管するのに使います。

子供用のお砂場セットのバケツでも十分!

 

5)割りばし

布を染めるときに使います。

普通のはしでもOKですが、色移りしてしまう可能性があるので、使い捨ての割りばしがオススメです☆

 

6)はかり

タニタ はかり スケール 料理 1kg 1g デジタル ホワイト KD-187 WH

電子ばかりがオススメ。

我が家ではタニタの電子ばかりを使っています。

 

7)洗濯用ネット

洗濯ネット ランドリーネット 洗濯袋セット ドーム型ブラジャーネット 旅行袋 収納袋 6枚セット 絡み防ぎ 角型ドーム型 円筒型 旅行 出張 整理用

染料から、種をこしとるときに使います。

今回は捨てようと思っていた洗濯ネットを使いました。

排水溝ネットとかでも代用できます!

 

9)ミョウバン

自宅で実験をするときには御用達なミョウバンさんです。

5 gご用意ください。

 

アボカドから抽出した染色液を布にくっつけるのに使います。

 

10)重曹(粉末)

お掃除用のものでOKです。3 gご用意ください。

 

スポンサーリンク  

 

アボカド染めのやり方

ウール混の布をアボカド染めするには3つの段階があります。

 

1)アボカドの染料を作る

2)布に染料がくっつくようにする(媒染する)

3)布を染める

  

1)アボカドの染料を作る

500 ml~1000 ml 程度のお湯をわかして、アボカドの種&重曹(3 g)を投入!

(水量は鍋のサイズで調整してください)

 

30分ぐつぐつ煮ます。

 

5分も経つと、水が鮮やかなサーモンピンクになります!

さらにさらに、家中がエスニックなにおいに・・・!

 

煮始めは薄いサーモンピンクだった液体が、赤茶色になっています。

写真撮り忘れた・・・ 

 

今回は赤色の発色をよくするために、重曹を入れています。

重曹なしだと、薄いサーモンピンクな色になるようです。

 

粗熱が取れたら、バケツにネットをひっかけて、種をこしてください。

 

アボカドの染料のできあがりです!

 

 

2)布に染料がくっつくようにする(媒染する)

500 mlのお湯を沸かして、ミョウバン5 gを入れ、ミョウバン水を作ります

 

布をミョウバン水に入れて、10分間弱火で煮ます。

ときどき割りばしでつついて、布をムラなくミョウバン水に浸してください。

 

煮終わったら、布を手で絞っておきましょう!

3)布を染める

いよいよ染色です!

 

バケツでとっておいた染色液と布を鍋に入れて、弱火で20分煮ます。

 

煮ている間は、布を割りばしで動かしてください!色ムラが減ります。

 

20分煮ると、布に色がつきます。

ここで火を止めて、2時間放置して冷やしてください!

 

染色液から布を出して、しっかり絞ったら、

余分な染色液を水洗いしてください。

 

水洗いをしたあとも、しっかり布に色がついています!

 

あとは、これを陰干し、もしくは室内干ししてをしてください!

 

完成です☆

自然な色合いの赤ピンクのコースターができあがりました!

 

実用性もバッチリ!!

 

アボカド染めの注意点「初回の洗濯で色落ち・色移り注意!」

洗濯機で洗濯をすると、どうしても色落ち、色移りをしてしまいます。

2回目以降は大丈夫な場合が多いですが、洗濯前の方がキレイに発色していました。

 

染めたての色を大事にしたい方は、手洗いをオススメします!

 

桜染めとアボカド染めを比べてみた

【簡単】桜の枝を使って桜染めをしよう!」の記事を参考に、アボカド染めと同じ方法で、桜染めのフェルトコースターも作ってみました!

 

左がアボカド染め、右が桜染めです。

どちらもピンク色に染まっているのですが、かなり色合いが違います。

アボカドと桜で持っている色素が違うようです。

 

ここでちょっとサイエンス!

 

草木染めでは、植物が持つ「色素」を抽出して布を染めます。

そもそも、植物は何で「色素」なんてものを持っているのでしょうか?

 

実は、植物の持つ色素には、

「植物が生きていくために必要な、いろいろな役割」があります。

 

例えば、植物が生きるために必要な光合成のための色素。

例えば、植物にとって毒になる、紫外線を避けるための色素。

例えば、虫や鳥に種を運んでもらうために、きれいな色の花や実を作るための色素。

 

それぞれの植物が、自分の住んでいる場所で元気に生活するために、

自分に合った色素を一生懸命作っているのです。

 

アボカドと桜では、住んでいる場所も、生活の仕方も全然違います。 

アボカドと桜では、必要になる色素も違うので、持っている色素も違うのです。 

 

どちらも同じような「ピンクっぽい色素」なのに、本質的には違う色素だから、アボカド染めと桜染めでこんなにも色合いが違うのですね。

 

「人が生きていくのに必要なものは、住んでいる環境や生活の仕方で全然違う」

というイメージがぽわーっと浮かびあがって、

なんだか哲学めいた気分になったぽんすけでした。 

 

まとめ

☑ アボカド染め=アボカドの種から抽出した染色液+ミョウバン

☑  同じピンク色でも、植物によって色合いは全然違う

 

「アボカドの種でピンク色に草木染め!」いかがでしたでしょうか?

 

普段の生活ではゴミになってしまうアボカドの種から、素敵なピンク色コースターを作ることができます☆

 

料理の合間にもできる実験なので、ぜひご自宅でやってみてください!

 

 

おあとがよろしいようで。

 

家庭科系の自由研究シリーズ 

 

 

 

 

 

応援ボタン

にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ
にほんブログ村

 

=参考文献=

浅海真弓(2017)「アボカド種子で染めた布の色彩的特徴」,『鹿児島県立短期大学紀要. 自然科学篇』 68号,p.1 – 11.

 

草木染めレッスン帖 (レディブティックシリーズno.4401)

草木染めレッスン帖 (レディブティックシリーズno.4401)