まとめ方

【写真付き】小学生の自由研究を画用紙にまとめる方法

こんな人にオススメ▼

・画用紙で自由研究をまとめたい方

・具体的なレイアウトを知りたい方

ぽんぽこぽん!サイエンス・コミュニケーターのぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

夏休みの宿題の中でも、自由研究ってけっこう困りますよね。

テーマはどうにか終わった!となっても、まとめまでなかなか手が回りません。

そこで、今回の記事では、生き物の観察のテーマを例に自由研究のまとめの中でも定番!「画用紙」を使ったまとめ方を、紹介していきます。

この記事を読むだけで

画用紙を使った自由研究のまとめ方の基本

を知ることができます。

また、今回ご紹介する方法は、「子供が主体的にまとめられる」ように設計してみました。

自由研究をまとめるときって、なるべく子供にやってもらいたいと思いつつ、ついつい手が出てしまいますよね。

そこで、この記事では、親子で協力してまとめられるような方法をご紹介しています。

では、はじまりはじまり~☆

準備するもの

まずは、準備するものをご紹介します。

画用紙でまとめるときに準備するもの▼

・画用紙

・画用紙を綴じる道具(ホチキス・カラーガムテープやマスキングテープ)

それそれを詳しくお話していきますね。

画用紙(サイズについて)

まずは、絶対に必要な画用紙のお話です。

自由研究をまとめるときに、画用紙サイズに悩みますよね。

もちろん、どんなサイズの画用紙を使っても良いのですが・・・

自由研究の定番の画用紙サイズは「八つ切り」です。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317150211j:plain

ただし、大きな絵や大量の写真を使いたい場合は「四つ切り」もオススメです。

100均や文房具店に行ってみて、実際の大きさをチェックしてから購入してみるのも〇。

画用紙を綴じる道具

次に必要なのは、画用紙を綴じる道具です。

画用紙を綴じる方法は3種類あります。

画用紙を綴じる方法▼

・穴をあけて、ひもやリングで止める

・ポケット付きクリアファイルに入れる

・ホッチキスで冊子状にする

今回の記事では、特別な道具が必要ない「ホッチキスで冊子状にする」方法をご紹介していきます。

ホッチキスで冊子状にするときに必要な道具は、

・ホッチキス

・カラーガムテープやマスキングテープ

です。(参考:カラーガムテープ)▼

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200316140158j:plain

お次は、実際のまとめ方を解説していきます。

おはなしの作り方

さっそく、「【自宅でできる】タンポポが綿毛になるまでを観察してみよう!」という「観察」を例にして※、画用紙を使ったテーマのまとめ方をご紹介します。

まずは、自由研究をまとめるときのおはなし構成(項目)を解説します。

画用紙で自由研究をまとめる定番の項目▼

1)表紙

2)(必要なら)観察したどうき

3)実際に観察をした様子

4)感想

5)(あれば)参考にしたもの

料理や実験の自由研究だと、おはなし構成が少し変わります。

参考:料理・実験の自由研究のおはなし構成▼

1)表紙(クラス・名前)

2)実験のどうき

3)実際に実験をやった様子

4)不思議に思ったこと・気づいたこと

5)参考にしたもの

詳しくは「シンプルに自由研究をスケッチブックにまとめる方法(実験・料理のテーマ)」をチェックしてみてください。

スケッチブックにまとめる方法の紹介ですが、画用紙でも同じようにまとめられます。

次は、実際のまとめ方をご紹介していきますね!



【写真付き】実際のまとめ方

表紙の作り方

画用紙の表紙に絶対に書くことは「自由研究テーマのタイトル」と「クラス・名前」です。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094259j:plain

タイトル・クラス名前はわかりやすく大きく書いてください。

ぜひ、写真やイラストを使って表紙を飾ってくださいね。

どんな観察か伝わりやすいので、お友達や先生に読んでもらいやすくなります。

どうきの書き方

※学校から「アサガオの観察してください」みたいに、生き物が指定されていたら、この項目は飛ばしてください。

観察する生き物が指定されていない場合は、観察したどうきを書くと、より自由研究らしくなります。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094318j:plain

今回の具体例では、観察するきっかけは「タンポポが綿毛になるのを見たことがなかったから」としてあります。

観察したどうきを具体的に書いてください。

例えば・・・

・おうちに生えていたから

・家で飼っていたから

・お花屋さんに行ったら、色がキレイで育ててみたいと思ったから

・食べ物を育ててみたかったから

・公園で虫取りしたら、捕まえたから

お子さんが感じた理由をそのまま書けばOK。

やり方の書き方

どんな風に観察したか「やり方」を書きます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094339j:plain

具体的には・・・

・生き物をどこで手に入れたのか?「拾ってきた?買ってきた?」

・どうやって育てたのか?「鉢植え?庭?水槽?」

・どれくらいの頻度で水やエサをあげたのか?

を書けばOK!もしあれば、写真もいれてくださいね。

観察をした様子の書き方

次は、観察した様子を書いていきます▼

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094359j:plain

書く項目は「日付」と「気づいたこと」です。

毎日観察しても良し。

2日おきに観察しても良し。

観察した分だけ、モリモリ書いちゃいましょう!

特に気づいたことがなければ、絵や写真だけでもOK。

気づいたことがあった日だけ、文章を書くのもアリ。

感想・参考にしたものの書き方

お次は観察して感じたことを書きます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094413j:plain

観察していて、「感動したこと」「びっくりしたこと」「おもしろかったこと」を書きます。

自分の気持ちを伝えることが苦手な子には、「初めて知ったことはなに?」と聞いてみてください。

きっと、子供の中から「面白かったこと」を見つけることができます。

また、意外と忘れがちなのが「参考にしたもの」。

「観察」をするにあたって、参考にしたものがあったら、ここに書いてください。

例えば・・・

・育て方がわからなかったから、本を調べたとき:本(サイト)の名前

・ youtubeの動画で見て「この生き物を飼ってみたい!」と思ったとき:サイトのURL

「参考にしたもの」を書くのは面倒!と思うかもしれません。

でも、実は、「表紙を作る」レベルで必須です。

ざっくりと理由をいうと・・・

「自分が頑張ったのはココ!とはっきりさせる」

「人のものをパクってない(転載してない)ことを証明する」

ということをアピールするのに必要となります。

自由研究コンクールに応募する場合は、必須となるので、低学年から書き慣れておくのがオススメ。

では、最後に、全体像「こんなのができあがるよ!」をまとめておきます。



仕上げ&具体例のまとめ「こんなのができあがるよ!」

ここまできたら、画用紙をホチキスで止めて、ガムテープでホチキスを隠せばOK。

お疲れ様でした!!

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200316140113j:plain

今までの手順をまとめると、こんな作品を作ることができます▼

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094259j:plain f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094318j:plain f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094339j:plain f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094359j:plain f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094413j:plain

参考になったらうれしいです!

おあとがよろしいようで。

レポート・模造紙・画用紙・アルバム・スケッチブックごとの自由研究のまとめ方の基本

シンプルに自由研究をスケッチブックにまとめる方法

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です