おしらせ

このブログが「教育よもやま情報」で紹介されました!

ぽんぽこぽん!

サイエンスコミュニケータのぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

このたび、なんと、当ブログをご紹介いただきました!!!!

ご紹介してくださったのは「教育よもやま情報」さま。

学校の先生(特に若手の方)やパパママ向けに、教育に関するさまざまな情報を発信しているブログです。

著者の鴫田岡明さまは、修士課程をご卒業されている元教員の方。さらにさらに教師歴36年!超、プロフェッショナル!

どの記事も、とても丁寧にわかりやすい言葉で書かれていて、私のような学校の先生じゃない人でも理解できる記事が盛りだくさん。

特にあなたにおススメしたい記事は「攻撃的になる:子どもの問題行動」!

こちらの記事の素敵さを紹介するために、ちょっとだけ、私の経験談をさせてください。

以前、職場の上司(ママ)が小学生のお子さん(仮にA君とします)を連れてきたんですね。

仕事の合間にA君とお話できたら、上司のお仕事がはかどるかなぁと思って、なんとなくA君に話しかけてみたのですが・・・その子は、「うるせー!!!」しか言いませんでした。

「(「しか」という言い方は言い過ぎかもしれませんが、正直「うるせー!!!」と言われたことしか思い出せないくらい、「うるせー!!!」ばかりでした・・・)」

しかも、その「うるせー!!!!」の声量がかなり大きく、その場にいる他の方たちが「A君、お前が黙れ!!!!!」と言いたい気持ちをグッと我慢しているような状況でした。

 

私は、正直、A君が「うるせー!!!」と怒っていた理由がわからなかったのですが・・・「攻撃的になる:子どもの問題行動」の文章を拝見して、腑に落ちました。



なぜ子どもは攻撃的な行動をとるようになるのか?~略~言葉の能力が未成熟だから。

就学前の子どもや小学生の子どもの中には、自分の思っていることを言葉でうまく表せないことがあります。嫌な気持ちになっても、言葉でうまく伝えることができないので、攻撃的な行動にでやすくなるということがあります。

引用:攻撃的になる:子どもの問題行動

今思い返すと、A君は、オープンクエッション(YESやNOで答えるのではなく、単語で回答しなければならない質問)で話しかけられたときに「うるせー」と言っていたように思います。

まさしく、言葉の能力が未熟だったのではないかと感じました。

攻撃的になる:子どもの問題行動」を拝見したことで、私の疑問がするすると溶けていきました。アハ体験。

ネットの世界には、たくさんの「子育てのお悩み系」情報にあふれています。

でも、スッキリと自分の疑問が解決することって、あんまり、ない(少なくとも私は)。

そんな中で、「教育よもやま情報」さんの情報は、子どもとのコミュニケーションのお悩みに対して、必要な情報をコンパクトにまとめて、回答してくれています。

攻撃的になる:子どもの問題行動」も3分で読み終わりました。

たった3分で、気になっていた子育ての悩みがスッと解決する。

こんな経験って、そうそうないです。

 

教育よもやま情報」さんでは、子どもとのコミュニケーションにおけるお悩み回答だけではなく、教材研究や教育への心構えといった内容も豊富に掲載されています。

もしあなたが「子育てに悩むパパママ」「若手の学校の先生」だったら、気になる情報が盛りだくさん!

ぜひ、足を運んでみてくださいね↓

 

おあとがよろしいようで。

自由研究お手伝いサービス

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA