自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

Xperiaではイマイチ?【学研】スマホ de 顕微鏡レビュー!前編【自由研究キットレビュー】

スポンサーリンク

ぽんぽこぽん!ぽんすけです

お読みいただきありがとうございます。

 

先日、自由研究ネタ満載なお店「サイボックス」さんで大量の衝動買いをしたぽんすけです。

※詳しくは「科学のお店「scibox(サイボックス)」に行ってみた!」を見てくださいね。

 

本日は、そのうちの1つの商品レビュー。

その名も・・・

スマホ de 顕微鏡!

 

何を隠そう、ぽんすけ、めっちゃくちゃ顕微鏡が苦手なんです。

 

特に、ピント合わせ。

 

小中学生のときの理科の授業では、隣に座っている子にお願いし、

仕事で使うようになって、先輩にピント合わせをお願いしていたら「自分でやれ!」と怒られ、

 

結局、顕微鏡をモニター出力して、簡単にピント合わせできるシステムを購入したぽんすけです。

 

ホント、苦手。

 

そんなぽんすけに対して、こちらの商品には、素敵あおり文句が。

「スマホをのせるだけ!」

「かんたん!たのしい!」

 

・・・これは試さずにはいられない。

 

ということで、

本日の記事は「【学研】スマホ de 顕微鏡を使ってみたレビュー!」

 

実際に使ってみると、確かにセッティングは手軽!

ですが、いくつか困った点もありました。

 

今回の記事では、実際の使用感を中心にお話していきます。

はじまりはじまり~☆

 

 

パッケージを開けて、セッティングしてみた「か、簡単すぎる・・・!」

早速パッケージを開けていきます。ワクワク。

中には、顕微鏡本体(スマホを置くステージとLEDライト)、レンズが3種類、スライドガラスに、見本のプレパラートが入っていました。

別途、単3電池が必要です。

 

顕微鏡本体には、すでにLEDライトとレンズがついています。

スマホさえあれば、すぐに撮影ができるとのこと。

なんと手軽!

 

取り扱い説明書を読んで、スマホのセッティングを確認。

いわく、スマホをステージの上に置いてください。以上!

※上の画像はイメージです。スマホは撮影に使っているので、モバイルバッテリーで代用しました。 

簡単すぎる・・・っ。

あとはプレパラートを入れるところがあるので、そこに見たいものを入れるだけです。

早速、おためしプレパラートを見てみます!

 

おためしプレパラートを見てみた「意外とピント合わせが難しい」

こちらのおためしプレパラートを見ていきます。

まずは、最初からセットされている4~20倍です。

想像以上にハッキリ見える!

ですが・・・

ここまでピント合わせるのに、5分以上かかりました・・・

 

スマホ de 顕微鏡は、「ステージの上下」と「スマホ自身のピント合わせ機能」でピントを合わせていきます。

ぽんすけは説明書通り、「ステージを上下」させて、大体ピントが合ったなーというところで、スマホのピント合わせ機能を使ったのです。

 

すると何が起こったかというと・・・

 

ぼやけやがった。

 

最初に、「ステージの上下で合わせただけ」のときよりも、

ステージ上下+スマホのピント合わせの方が、ぼやけてしまったのです。

 

その後、説明書を読みながら四苦八苦して、どうにかピントを合わせました。頑張った・・・

一度、ピント合わせしてしまえば、同じ倍率で他のものを見るのは簡単です。

 ここで、倍率を変えようとしたぽんすけ。

そして、再び現れるピント合わせの壁!

 

毎回、観察よりもピント合わせに時間がかかるので、疲れてしまいました・・・

でも、がんばった。誰か褒めて。

  ここまでやってみて、

この顕微鏡は、ぽんすけには難しいのでは・・・?

という一抹の不安を抱えつつ、ガンガン使っていきます。

 

「スマホ de 顕微鏡を使ってみたレビュー!後編」につづく

次回は、この商品のウリでもある「ステージに乗らない大きなものを見る!」をやってみたお話と、

Xperiaでは使うのが難しい!というお話をしていきます。

 

つづく!

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について