オリジナル自由研究

アプリ「ビーズクリエイター」を使ったオリジナル図案の作り方&注意点【アイロンビーズ】

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただき、ありがとうございます。

 

つい先日、「【図案付き】アイロンビーズで立体の電車を作ろう!」でもお話したように、アイロンビーズが我が家にやってきました。

 

息子も遊んでくれましたし、私もちょこっと遊んだのですが・・・それ以上に、

旦那が、ドはまり。ゲロはまりです。

 

オリジナル図案をちまちまと作っては、ひたすらビーズを完成させていきます。

オリジナル作品数が5点を超えるころ、旦那にこんなことを聞いてみました。

 

ぽんすけ「手書きの絵からオリジナル図案は作れるかい?」

旦那「どんとこいや!」

 

とのことだったので、ぽんすけの自画像を作ってもらうことにしました。

ささっと自画像を描き、旦那に渡してみました。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092149j:plain
旦那はパソコンを開くと、エクセルを立ち上げます。

表計算ソフトをなぜ立ち上げるのだ・・・?と疑問に思っていると・・・

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092323p:plain

おもむろにドットうちを始め・・・

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092134j:plain

2時間足らずでアイロンビーズ作品をつくってくれました。

THE、職人技!

 

職人技を目の前にしたぽんすけ。

そこで何を思うかというと・・・

私もオリジナル図案作りたい!

なんか、悔しい・・・!!!

しかし、ぶきっちょなぽんすけです。

エクセルでドットを打てる気がしない・・・!!!

どうすれば作れるんだ・・?

・・・ 

そうだ、文明の利器に頼ろう。

 

本日の記事は、

アイロンビーズ専用アプリ「ビーズクリエイター」を使った、オリジナル図案の作り方をご紹介です。 

play.google.com

「ビーズクリエイター」は2020年6月現在、β版(正式リリース前のおためし版)のリリースです。

アプリ自体に、ちょっとした癖があります。

でも、少しアレンジしてあげれば、十分満足のいく図案を作ることができます! 

 

今回の記事では、納得のいく図案作りまでの試行錯誤のお話をメインに、「ビーズクリエイター」で実際に図案を完成させたお話をしていきます。

※そんな途中経過なんてどうでもいい!結論を教えろ!という方は「この記事のまとめ」をご覧ください。

 

では、はじまりはじまり~

スマホアプリ「ビーズクリエイター」でできること

まずは、図案作成アプリ「ビーズクリエイター」でできることをご紹介します。

アプリを起動してみると、ビーズ用のマスが出てきます。

色を選んでドットを打つことができます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610091909j:plain f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092347p:plain

ドットの色は、アイロンビーズ(パーラービーズ)の色と対応しています。

ここで、素敵ポイント!

図案に必要なアイロンビーズの数が分かるのです。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610091902j:plain

しかもこのアプリのキモ。

画像を取り込んで、そのままドット絵の図案にしてくれるのです!

これで、図案作成は思いのままです。

実際に画像を取り込んでみました。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092149j:plain

 取り込みボタンを押して、図案作成を待ちます。

ワクワク

ワクワク

・・・ん?

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092332p:plain

あれっ?

 

スポンサーリンク

 

 

 「ビーズクリエイター」の画像取り込みには得意・不得意がある

全然思うように取り込めていなくて、愕然としたぽんすけです。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092332p:plain

「もしかして、このアプリの取り込み機能って使えない?」

そんな疑問を持ちました。

 

そこで、試しに息子の写真を取り込んでみたら・・・

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092315j:plain

あれぇっ!?

 

「目線をいれないと!」と母が焦るくらいの的確な取り込みっぷりです。

 

そのあとも、いろいろな画像を取り込んでみたところ・・・

画像取り込み成功!には条件があることがわかりました。

 

条件1:コントラストがはっきりしている

条件2:ビーズを乗せる板と画像の縦横比が一緒(もしくは似てる)

 

特に、このアプリは人物画が得意!

人物画は多くの場合で、目線必須レベルの再現度でした。

 

よしよし。このアプリの癖が分かったぞ。

これで、勝てる!!!

 

ということで、先ほどのたぬき画像を加工して、取り込むことにしてみました。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092149j:plain

 

うまく取り込めないなら画像を加工してみよう

白黒で「ぽんすけ」を書き直してみた

コントラストがはっきりしているのであれば、うまく取り込めるということがわかりました。

そこで、白黒の線だけで「ぽんすけ」を書き直してみました。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092259j:plain
こちらを「ビーズクリエーター」に取り込みます。

 

ワクワク

ワクワク・・・

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610091920j:plain

うーん・・・

最初よりも、取り込みはうまくいっているように見えますが、まだまだ実用的な図案じゃないです。

このあと、いろいろ試したのですが、「白黒に書き直してみる」作戦はいまいちでした。

スキャナがあればキレイに取り込めるのかもしれませんが、あいにく、たぬきの家にはそんな最先端なものはない!

 

違う方法を模索します。

 

画像の彩度とコントラストを変えてみた

この画像をまじまじと見ていると、ひとつ気づくことがありました。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092149j:plain
すっごく今更なのですが、なんか、暗い?

子供が寝たあとの暗い部屋で撮影しているので、全体的に黒い!

 

この画像をもう少し明るくしたら、ちょっとは取り込みやすくなる・・??

 

ということで、画像の「彩度」と「コントラスト」をいじってみることにしました。

ごそごそといじった結果がこちら。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092424j:plain

絵の粗さも増しましたが、色は明るくなりました!

 

これならいける?

早速、画像を取り込みます。

ワクワク

ワクワク・・・

どん!

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092340p:plain
おっ!

今まで一番、元の画像に近く取り込むことができました。

残念ながら、これ以上正確に画像を取りこむことはできませんでした。

しかぁし!

これだけ枠が取れていれば、地道にポチポチとドットを打てる!! 

ポチポチ

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610092347p:plain

ポチポチポチ・・・

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200610125108p:plain

で、できた!!

画像取り込みから30分で作成することができました。

枠だけだから時間がかかるなかなーなんて思ったのですが、アプリでは、同じ色をまとめて塗りつぶす機能があるので、意外とさくさく作ることができました。

 

まとめ「ビーズクリエイターの使ったオリジナル図案の作り方」

【作り方まとめ】

1)画像を用意する

 

2)画像は濃淡がはっきりするように加工する(彩度・明度をいじる)(写実的なものは不要)

 

3) 画像を取り込み、外枠をポチポチ作る

 

4) 画像を見ながら、ポチポチ完成させる。

 

「ビーズクリエイター」が 得意なのは人物画や風景画(写実的なもの)です。

正直、デフォルメされたキャラクターの取り込みは思うようにはいきません。

でも、今回のようにアレンジすれば、十分実用に耐えれる使い方ができます。

 

オリジナル図案をつくるときの参考にしてみてください!

 

おあとがよろしいようで。

 

▼関連記事

www.ziyukenkyulab.com

 

 

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です