自由研究ラボ

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

【自宅でできる】タンポポが綿毛になるまでを観察してみよう!【勝手に自由研究】

ぼけるとふ!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

5月に入って、過ごしやすい日が続く今日この頃。

3歳の息子は、公園に遊びに行くと、必ず雑草を持って帰るようになりました。

 

その日も、息子は公園でたくさん遊んだ後、

道端に咲いていたタンポポを持ち帰ってきました。

 

息子は、食卓テーブルの上にある息子専用の花瓶(中華スープのもとの空き瓶)に、タンポポを飾ります。

 

翌日の夕飯どき。

息子は、ごはんを食べながら、タンポポを眺めています。

「なんだか、ムズカシイ顔してるなー」と息子を見ていたら、こちらを見て一言。

 

息子「おかあさん、たんぽぽは、お花も綿毛もあるんだよね?」

ぽんすけ「そうそう」

 

息子は知識として、「黄色いお花」も「白いふわふわした丸い綿毛」も、どちらもタンポポだと知っているようです。

 

ぽんすけは自分の知識をもとに、こう話しました。

ぽんすけ「タンポポは、お花が綿毛になるんだよ。」

 

ここで、息子が一言。

 

息子「(たんぽぽの花は)どうやって綿毛になるの?」

 

・・・!

 

し、知らない・・・・っ!!!

 

ぽんすけには「タンポポは花が咲いたら、種(綿毛)ができる」という知識がありました。

 

しかし、

 

タンポポの黄色い花が、綿毛になる過程を、まったく想像できません!

よくよく考えたら、タンポポの花と綿毛は全然違う形をしています。

 

不思議!

 

「わからないなら、調べてみよう、タンポポを」@とくがわぽんすけ

 

ということで、

本日の記事は「タンポポが綿毛になるまで」の観察!

 

実際に観察してみたところ、自宅でも簡単にできることがわかったので、やり方とあわせてご紹介です。

 

自由研究、開始☆

 

 

自宅で観察する方法

 

「観察する方法」なんてかっこいいこと書いていますが、やることは単純です。

 

花が咲いているタンポポを摘んできて、花瓶にさす!

2日に1回くらい水替えする!

 

それだけです。

 

一般的な雑草のタンポポ(セイヨウタンポポ・カントウタンポポ)であれば、

早いと2日、遅くとも1週間程度で綿毛に変化します。

 

日光も浴びせなくて大丈夫です。

 

ただし、ずーっと暗い部屋では、タンポポは元気がなくなってしまいますので、

日中は明るく、夜は暗くなる場所においてあげてくださいリビングとか最適!

 

また、タンポポは夜になると(部屋が明るくても)花を閉じて、つぼみのようになります。

 

枯れていなければ、翌日の日中には再び花が開きます。

放っといてあげてOK!

 

自宅で観察してみた結果①「花が取れた!?」

息子の花瓶と、家にあった空き瓶を使って、タンポポの観察開始!

 

しばらくの間、日中は花を開いて、夜に花を閉じるをくりかえすタンポポさん。

あるタイミングで、花の頭が下がり、日中でも花が閉じっぱなしになりました。

 

「枯れたか!?」と焦ったぽんすけ。

 

しかし、タンポポの茎を触ってみると、なんだかハリがあります。

そして、よくよく見ると、花の根本になんだか白いものが・・・!?

 

翌日。

 

 

花が、取れた!?

 

気づいたら、花瓶の横に黄色い花の束が落ちていました。

 

タンポポ本体は、見慣れた綿毛のつぼみ姿に・・・!

 

それから数日放置すると、見事に綿毛になりました!

 

ということで、タンポポが綿毛になるときは、

 

根本から綿毛がにょきにょき出てきて

タンポポの花が取れる!

 

ということがわかりました。

 

=参考=

youtubeにすごくわかりやすい観察動画があったので掲載しておきます!


Time lapse Dandelion flower to seed head

 

 

スポンサーリンク  

 

自宅で観察してみた結果②「思わぬ発見!タンポポにも難産が!?」

今回の観察をするにあたって、並行して10本のタンポポを育てていました。

 

すると、一部、お花が取れなくて、綿毛が広がらず困っているタンポポがいました。 

タンポポ「綿毛広げたいのに、花のせいで広がらないよぅ!!!」

という叫びが聞こえてくるよう・・・

 

このタンポポさんは、残念ながらお花が最後まで取れなくて、枯れてしまいました・・・

  

ぽんすけにとって、

タンポポって、公園のどこにでもあって、ありふれているものでした。

ほっとけば、お花はすべて真ん丸な綿毛になって、

どんどん増えていくものだと思っていました。

 

でも、今回の観察で、

花がなかなか取れなくて、綿毛が広がらない

「難産」なタンポポがいるとわかりました。

 

息子と一緒に、

タンポポだって命がけで次の世代を残しているのだなぁ・・・と実感できる、貴重な体験ができました。

 

タンポポさんたち、ありがとう。

 

公園でも観察してみた!「息子はタンポポ助産師さん!」

自宅で「難産」のタンポポを発見したぽんすけと息子です。

こうなってくると、「外でも難産のタンポポがいるか!?」が気になります。

 

ということで、公園へGO!!

 

息子と一緒にタンポポ畑で綿毛を探しまわります。

多くのタンポポは、まんまる綿毛でしたが・・・

 

いた!!

 

タンポポのがく(お花の外側にある葉っぱ)は広がりきっているのに、花が取れなくて綿毛が広がっていません・・・! 

 

他にも、花がほんの少し取れかかっているけれど、綿毛が広がりきらないタンポポもいました。

 

さて、ここで「難産」のタンポポを発見した息子が何をしたかというと・・・

 

「難産」のタンポポの花を、つまみ取っていました。

 

花を取るときと一緒に綿毛もむしり取ってしまいますが、

そのあと、綿毛を少しずつお空へ飛ばしています。

 

息子いわく、「(タンポポの代わりに)わたげをとばしてあげるの!」

 

思わぬところで、タンポポ助産師さんの誕生です! 

ほっこりしたぽんすけでした。

 

今日のまとめ 

☑ タンポポが綿毛になるときは、 根本から綿毛がにょきにょき出てきて、 タンポポの花が取れる!

☑ タンポポにも「難産」がある!

 

「タンポポが綿毛になるまでを観察してみよう!」いかがでしたでしょうか?

とっても簡単にできる生き物の観察です。

ぜひ、ご自宅でやってみてください☆ 

 

おわりに「観察上の注意:子供は綿毛を見つけたら飛ばしたくなる」

おわりに、注意点です。

繰り返します。

超重要な注意点です。

 

子供は、タンポポの綿毛を見つけたら、飛ばしたくなるのです。

 

それが家の中であったとしても!

 

息子は、自宅で観察していたまん丸な綿毛を、

ぽんすけが止める隙もなく、

思いっきり、家の中で吹き飛ばしました。

 

家中を、飛び回る、綿毛。

 

ぽんすけ、唖然。

 

おうちのお掃除が大変になるので、

タンポポが綿毛になりましたら、すみやかにお外に持って行ってください。

 

まあ、でも、

家の中でひっそりとタンポポが咲いたら、それはそれで面白いなーと思いつつ。

 

おあとがよろしいようで。

 

 

観察系の自由研究

 

 

 

 

 応援ボタン

にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ
にほんブログ村