自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

どろだんごキット徹底比較!どれがウチの子にピッタリ?【自由研究キットレビュー】

スポンサーリンク

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

本日の記事では、市販の「どろだんごキット」を徹底的に比べてご紹介していきます。

 

「ピカピカどろだんごを、子供と一緒にしてみたい!」

「夏休みの自由研究にいいかも・・・?」

「けど、いっぱい商品がある・・・しかも、自作でもできるですって?」

「・・・結局、どれがいいの?!」

 

そんなお悩みにお答えしていこうと思います。

 

自由研究キットはそれぞれの製作者ごとに、こだわりポイントが違います。

キットによって一長一短。

 

今回の記事で、それぞれのキットの素敵なこだわりを感じてもらいつつ、読者のあなたにフィットした「どろだんごづくり」を見つけられたらうれしいです。

 

では、はじまりはじまり~☆

 

 

「ひかるどろだんご かんたんせいさくキット」レビュー

400円でおつりが出る!という最安値どろだんごキットです。

しかも、1つのキットで4つのどろだんごを作れるお得感もたまりません。

 

このキットの素敵なポイントは、色こな!

 多くの「どろだんごキット」では付属している染料を色々と調合して、自分で着色料を作ります。

自分で配合するので、どうしても着色時に色むらができてしまいます。

 

一方で、こちらのキットでは、付属品の「色のついた粉」を芯のだんごに着けるので、

色むらなく仕上げられる!!

製作者さんが「キレイに着色したどろだんごを楽しんでね」と言っているようです。

 

たくさんどろだんごを作ってみたい!!!

しっかり着色して、キレイなどろだんごを作りたい!!!

 

という方におすすめ。

 

一方で残念な点。

まんまるにするのに、かなりコツがいります。

ぽんすけはがやってみたところ、少しいびつな丸になりました。

 

また、待ち時間を含めた時間は一番短いのですが、実質の作業時間は一番長いです。

体力を結構使うので、小学校高学年以上にオススメ。

 

▼実際にやってみました

 

「どろだんごの王様」レビュー

実験系キットの大手、学研さんのキットです。

このキットの、素敵なポイントは、付属のけずり器!

 

どろだんご作りの工程でも、難易度MAXな「丸くする」という作業。

これを、簡単にやることができます。

「こどもでも丸くするのを簡単に・・・」という製作者さんのこだわりをひしひしと感じます。

真ん丸などろだんごを作りたい!!!

とにかくピカピカなやつ作りたい!!!

 

という方にはオススメ。

 

逆に、少し残念なところもいくつか。

「どろだんごせいさくキット」と比べると、長期間の展示には向きません。

作成してから3日すると、ピカピカ感が少しずつ減ってしまいます。

 

また、完成後の取り扱いが雑だと、うっかり塗装が剥げてしまうことがあります。 

待ち時間が長い&値段は1000円超えというのも、ネックです。

 

▼実際にやってみました

 

「公園の砂で自作どろだんご製作」レビュー

0円って、無敵、が合言葉です。

公園の土で、ピカピカどろだんごが作れるだって・・・!?という感動もあり、かなり楽しいです。

 

ただ、致命的な問題点が一つ。

どろだんごの芯を作るまでには、か・な・り・コツがいります。

 記事内では、さらっと作っていましたが、一定の習熟が必要です。

というのも、実は・・・

記事内のどろだんごの芯は、器用な旦那が作っています!!!

 

 

こっそりと、ぽんすけもやってみたのですが、写真のように真ん丸にするのは難しい!

ですが、旦那のどろだんご歴は2つめとのこと。

器用な大人ならば、作ることができそうです。

 

どろだんごの芯さえできてしまえば、あとは簡単!!!

ピカピカに磨くのは、小学校低学年からいけます。

 

▼実際にやってみました

 

【まとめ】どろだんごキットの比較!

 

「どろだんごキット徹底比較」いかがでしたでしょうか?

 

自由研究キットって、同じテーマでもたくさんの種類があります。

それぞれに「こだわり」や「特徴」があるにも関わらず、パッケージ一つではなかなかわかりません。

 

今回の記事が、「どろだんごキット」を選ぶ一助になったらうれしいです。

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

「どろだんご」記事一覧

 

 

 

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について