自由研究ラボ

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!自由研究に役立つ情報も同時配信中。

専門的な内容を「わかりやすく説明する」のは難しいというお話し

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

読者のみなさまは、ブログや日記などの文章を書くのに、どれくらい時間がかかりますか?

 

ぽんすけは、この「自由研究ラボ」の1記事(1500字程度+画像加工)を書くのに、

2時間弱かかっています。

 

しかし、最近書いた「水槽の水質を検査してみよう!~後編・実験結果~」という記事内の、たった「175文字」

丸一日かかったという経験をしました!

 

そして、心の底から、

「専門的な内容を 『わかりやすく説明する』のは難しい!」

と感じたのです。

 

今日は、そんなお話し。

 

 

丸一日かかった「175文字」ってどれ?

水槽の水質を検査してみよう!~後編・実験結果~」のあらすじを簡単に説明すると・・・

水質検査をする薬を使うことなく、自宅にあるグッピーの水槽をチラっと覗いただけで、 

旦那「この水槽、水質悪いよ。窒素(ちっそ)濃度がかなり高いから、早く水替えをしたほうがいい」

と、つぶやいた旦那に対して、

ぽんすけ「この発言本当か?」

 と疑って、水質検査をしてみた。

という話です。 

 

実際に水質検査をしてみたら、旦那の発言は本当だということがわかりました。

 

ということで、

ぽんすけ「なんで、水槽をチラッと見ただけで、窒素(硝酸)濃度が高いとわかったの?」

と尋ねたのですね。

 

そのあとの旦那の発言がこちら(以下、ブログ本文より抜粋)。

 

旦那「だって、前は水草にコケが生えてなかったのに、今は水草にコケが生えているでしょ?

 

水草とコケはどちらも硝酸をエサにして成長する。だから、水草とコケはどちらも硝酸の取り合いをしているんだ。

 

本来なら、水草とコケはお互いに別々の場所で生活する。お互いに取り合いが少なく、平和に生活したいからね。

 

でも、水草の上にコケが生えているということは、取り合いをしなくてもいいぐらい、硝酸が余ってるってことなんだよ。つまり、硝酸濃度が高すぎるってこと」

(一部、発言を改変)

 

 

さて、ここでお気づきの方はいるでしょうか?

(一部、発言を改変)

という一言に。 

 

実は、「一部」と書いておきながら、

実際の会話から大幅に変更を加えています。

 

ちなみに、実際の会話はこちら。

ぽんすけ「硝酸だけ高かったよ。なんで水槽見ただけでわかったの?」

旦那「水草とコケでニッチかぶってるでしょ」

 

 

旦那の解説は17文字だけでした。

 

ここで問題になるのが「ニッチ」という言葉。

旦那の言う「ニッチ」というのは、生物学の分野の専門用語で「生態学的ニッチ」と言われる概念です。

 

大学で生物学を専攻し、さらに、生態学という学問を勉強していないと知る機会のないワードなのです。

 

そして、ぽんすけはブログを書くときに気づくのです。

 

このまま書いても、絶対伝わんねぇ・・・!!!

 

 こうして、この旦那の「17文字」を、読者に伝わるようにアレンジすることにしました。

 

 

スポンサーリンク  

 

最初の試み:専門用語の解説をつけてみる

「ブログに掲載するためにアレンジするにしても、旦那本人の発言は変えたくないなぁ。」

と考えたぽんすけ。

 

「ニッチの解説文をつければいいのでは?」

と思いました。

 

ネットや書籍から「ニッチ」のわかりやすい解説を探します。

しかし、パッと見て、わかりやすい解説が、無い!

 

そりゃそうです。

だって、生物学専門の大学生にしか使わないワードなのです。

 

解説も大学生向きです。

 

基本的に、このブログは「小学校高学年でも理解ができるように」をコンセプトに書いています。

 

ならば、解説文を簡単にアレンジすればいい・・・!と思ったのですが、

文章が超長くなる!!!

 

別に「ニッチ」という言葉の解説をしたいわけでないのに、本末転倒です。

ということで、解説文を作るのはあきらめました。

 

2番目の試み:そもそも解説を掲載しないと決意してみる

調べれば調べるほど、だんだん、めんどくさくなってきたぽんすけ。

たぬきの頭はそんなにいっぱい考えるようにできていません。

 

「もう、旦那の解説なしでいいんじゃないか?」

 

と思い始めます。

 

ブログの中身としては、「旦那の発言は本当でした」

という展開だけで、どうにか収まりはつくように思えます。

 

でも、自由研究のきっかけとなった「謎」に対する「答え」がないのはなんだかモヤモヤする・・・

 

だって、どんな推理小説でも、提示された「謎」に対しては、「なんでその謎ができたか(Why)」が明示されます。

 

これで、旦那の解説がなかったら、「Why」の迷宮入りです!

 

ぽんすけ、葛藤。

 

そして、決断をしたのです。

前言撤回。

 

旦那の発言を、変えてしまえ。

 

「旦那の発言を正確に記載する」ことと、「読者にわかりやすく説明」すること。

この2つのどちらを大切にするかって、

読者に決まっています。

 

こうして、旦那の発言は尊い犠牲になったのです。

 

最終的な試み:(一部、発言を改変)

こうして、ぽんすけが持つ「生態学的ニッチ」の知識をもとに、旦那の発言を大幅に改変しました。

 

改変に当たっては、「科学的な正確性」よりも「読者へわかりやすく」を優先しております。

 

そのため、アレンジされた旦那の解説には、科学的ではない言葉が記載されています。

(たとえば、「平和に生活したい」というワードは、科学的ではありませんが、読者にイメージがしやすいように使っています)

 

これが、ぽんすけの限界でした!!!

 

まとめ

今日のぽんすけの苦悩話、いかがでしたでしょうか?

 

今回の葛藤には、頭を使って疲れました。

でも、ブログを更新していく中で、「正確性」よりも「わかりやすさ」を優先していくふんぎりがつきました。

 

これからも、楽しく自由研究をしていきながら、

専門的内容を「わかりやすく」伝えていきたいと思います!

 

おあとがよろしいようで。

 

 

おかげ様で、ブログ総合サイト「にほんブログ村」の「科学実験・工作」部門で1位になりました! 

にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ
にほんブログ村