自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

【簡単な自由研究テーマ】1本の赤ペンで、採点の丸はいくつ書けるの?実験編

スポンサーリンク

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

本日の記事は「1本の赤ペンで、採点の丸はいくつ書けるの?準備編」の続き!

ノートにひたすら線を引いて、1本の赤ペンで何個の丸を書けるかを調べてみました。

 

はじまりはじまり~☆

 

 

実験方法の確認

改めて、準備編でご紹介した実験方法をご紹介します。

 

① 赤ペンで10個の丸を書く「丸の線の長さの平均値を出す」

② ノートに、赤ペンでひたすら線を引く。

③ インクがなくなったら終了。線の長さを測る。

④ ③でわかった線の長さ ÷ ①の平均値 = 1本の赤ペンで書ける丸の個数!

 

では実際に手を動かしていきます!

 

実験してみた

ひたすら赤ペンで線を引いてみた

ノートを準備し、ひたすら線を引きます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20180907173525j:plain

f:id:ziyukenkyu_Lab:20180914183341j:plain

1日ノルマは最低2ページ。

 

どんどん線を引いていきますよー。 

4日経過。283 m時点で、定規が真っ赤・・・!

f:id:ziyukenkyu_Lab:20180914183539j:plain

ついでに、手も真っ赤!!

 

真っ赤になった手を見た2歳の息子に、

「お母さんおてて痛くないの??」

と心配されて、ほっこりしながら実験を続けてます。

 

実験時の気分は、まさしく、写経。

心は無。マインドフルネスです。

 

しかし、ここで心を乱す想定外の事態が発生するのです! 

 

問題発生「困った!赤ペンのインクがかすれた」 

 赤ペンでひたすら線を引く毎日が続きます。

1週間ちょっと経過したある日、想定外の問題が発生!

 

何も言わず、こちらをご覧ください。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181106171545j:plain

か、かすれた・・・!!

 

よく考えたら当たり前で、インク式のペンって、インクがなくなればかすれるのですね。

完全に失念しておりました。

 

しかも、ペンって、かすれてきたら捨てちゃいます。

よし、じゃあ、かすれたから実験を終わろう!と思ったぽんすけだったのですが・・・

  

一度、キャップをして、ペンを振ると再びインクが出てきます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181106171742j:plain

ど、どうすれば・・・!?

 

困り果てた、ぽんすけ。

でも、ここで一度冷静になります。

 

この実験のきっかけは、「赤ペンの消費が激しい!」と話していた学校の先生です。

実験のもととなる丸は、友人に「採点のときの丸を書いて」とお願いしました。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20180908220646j:plain

この自由研究のテーマは、

「1本の赤ペンで、学校の採点の丸はいくつ書けるの?」です。

 

これを踏まえて考えます。

 

はたして、学校の先生は、かすれた赤ペンで、生徒の丸付けをするだろうか・・・?

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181106171545j:plain

わざわざ、赤ペンを振ってまで、一つの赤ペンにこだわるだろうか・・・?

 

そこで、実験のきっかけとなった、友人に「かすれた赤ペンをわざわざ振ってまで使う?」と確認します。

 

友人曰く、

「面倒。こんなかすれたペンじゃ、丸付けないよ」

・・・

・・・・

ですよね! 

 

と、いうことで、実験方法変更しました。

 

1)赤ペンで10個の丸を書いてもらい、丸の線の長さの平均値を出す

2)ノートに、赤ペンでひたすら線を引く。

③ 赤ペンのインクがでなくなったら終了。線の長さを測る。

→赤ペンのインクがかすれたら終了。線の長さを測る。

④ ③でわかった線の長さ ÷ ①でわかった丸の線の長さ = 1本の赤ペンで書ける丸の個数!

 

ということで、改めて結果です! 

赤ペンがかすれるまでの長さを測る

友人に実際に線を引いたノートを見てもらって、捨てるタイミングを聞いたところ、このかすれ具合で捨てるとのこと。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181106172015j:plain

 

ちなみ、直前のページはこちら↓

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181106172124j:plain

線の真ん中が、うっすらかすれているような?

 

さて、いよいよ結果発表。

かすれるまでに、何m線を引いたかというと・・・

479 mでした!!!!!

※小数点以下、四捨五入

 

1本の赤ペンで書ける丸の数はいくつ?「約5000個」!

いよいよ、丸の数を計算します。

改めて、計算方法はこちら。

 

かすれるまでの線の長さ ÷ 丸の長さの平均値

=1本の赤ペンで書ける丸の個数!

つまり・・・

 

479 m ÷ 0.1 m(10 cm)

= 4790個!

 

ということで、

1本の赤ペンで書ける丸の数は4790個でした!

 

おわりに「学校の先生は1年間にディズニーランド3週分の丸付けをしている」

「1本の赤ペンで、採点の丸はいくつ書けるの?」いかがでしたでしょうか?

では、最後に大事な考察をさせていただきます。

 

学校の先生は1年間にどれくらい丸付けをしているのか?

 

今回は、ぽんすけが通っていた中学校の理科の先生で計算してみます。

 

ぽんすけがいた学校は、1学年320人でした。

テストは1回につき、50問(1問2点。時間との勝負のテストでした)。

 

ざっと計算すると・・・年間で96000個の丸つけをしていることがわかります

 

長さに換算すると、東京ディズニーランド3周分!!

学校の先生は、毎年、東京ディズニーランド3週分の丸付けをしているのですね。 

・・・

・・・

先生は、すごい!!!!!

 

おあとがよろしいようで。

 

www.ziyukenkyulab.com 

www.ziyukenkyulab.com

www.ziyukenkyulab.com

 

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について