実験

【解説あり】ロウソクの科学「指で消える炎」実験をやってみた

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

本日の記事は「ロウソクの科学実験」第7弾!

「ロウソクの炎を指だけで消しちゃう実験」をご紹介します。

まずは、動画をご覧下さい▼

 

指一本でロウソクの火を消しています。

もちろん、火傷はしません!

今回の記事では、この実験の簡単な解説をお話していきますね。

 

なお、この実験は「ロウソクの科学」原文に掲載されていません。原文内容をもとに作成したオリジナル実験です。ちょっとした小話にどうぞ。

 

あっ!

もし、このブログに掲載されている一連の「ロウソクの科学実験」を読んだ方は、なぜ火傷をせずにロウソクの火を消せるのか」を考えてみてください。

今までの情報から、推理できちゃいます☆

 

ヒント:この実験の原理は「ロウソクの科学「上昇気流」実験やってみた」と「液体のロウの性質」の原理の合わせ技です。

この実験にはある程度の慣れ度胸が必要です。

絶対に、真似しないでください!

火傷の可能性があります(ぽんすけも危なかった)。

では、さくさく解説していきます!

結論から言うと、この実験の答えは液体ロウソクを火にかけて消火しているです!

ロウソクが燃えると、くぼみに液体のロウがたまります。

ロウソクのくぼみに液体がたまっている

液体のロウは燃えません。勢いよく火にかけると火を消してしまうのです。

実際に、動画をスナップショットを見てみると、ロウソクのくぼみに指が突っ込まれているのがわかります。

ロウソクに指が突っ込まれる

何度か実験した後は指がロウまみれになります▼

指で消す炎実験の指

さて、ここで当然の疑問。

なぜ、火傷をしないのか?

 

その答えは、ロウソクの炎の根本は熱くないから!

【ラブコメでわかる!『ロウソクの科学』」でも解説したように、炎の熱は上昇気流で天井方向に流れていきます。

炎の根本にあるくぼみは、人が触れる温度なのです。

 

最後に裏話。

実は、この実験は「実験のプロ」ハシビロ先生が、「こんなのもありますよ」と言って、さりげなーく見せてくれた実験です。

ナニコレ、超、エモい。

以上、ぽんすけ的に『BEST エモい実験』でした。

おあとがよろしいようで。

 

ロウソクの科学実験の一覧▼

ロウソクの科学「毛細管現象」実験やってみた

ロウソクの科学「飛ぶロウソクの火」実験やってみた

ロウソクの科学「上昇気流」実験やってみた

ロウソクの科学「炎の影」実験やってみた

ロウソクの科学「燃えるアルミ」実験をやってみた

ロウソクの科学「ロウソクひっくり返し」実験やってみた

 

ロウソクの科学をわかりやすくしてみた▼

【小学生から】ラブコメでわかる!『ロウソクの科学』

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン
こちらの記事もおすすめ!