外遊び

海の自由研究にピッタリ!ビーチコーミングのやり方と工作例

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

今回のテーマは「家族で海水浴にいって、ついでに自由研究しちゃおう!」。

ビーチコーミングです。

・・・

・・・ってビーチコーミングって何?ってなりますよね。

聞きなれない単語だと思います。

実は、めちゃめちゃ知ってます風な顔してこの記事を書いていますが、ぽんすけもつい1週間前に初めて知った単語です。ビーチコーミング。

でも、ビーチコーミングは、海に行ったことがあるあなたなら、きっとやったことがあるハズ!

ビーチコーミングとは、浜辺に打ち上げられた漂着物をあつめること!

ものすごーくざっくりいうと、貝殻拾いです。

やったことありませんか?

ちなみにぽんすけは海水浴に行くたびに、貝殻を集めていました。

そして、家に持ち帰って、貝殻がこなごなに割れているまでが様式美。

 

今回の記事では、そんなビーチコーミングを利用した自由研究を紹介していきます!

では、はじまりはじまり~☆

ビーチコーミングは個人利用の範囲でのみ行ってください。

・・・要するに大量に取っちゃダメ!

また、自治体によって貝殻やガラスを持ち帰るのがNGな場合があります。

「化石はOKだけど、サンゴの死骸はダメ」など自治体によっては決まりがあるので、チェックしてくださいね。

ビーチコーミングでみつけられるもの

せっかくなので、実際に子供を連れてビーチコーミングしてきました!

みつけられたものをご紹介しますね。

ビーチコーミング1 ビーチコーミング2

巻貝や二枚貝だけではなく、貝の化石も発見!

形が残っているだけじゃなくて、スケルトンな感じな貝もあって超カッコイイ!!!

次は、拾ってきた漂着物たちで、自由研究な工作をしていきます。

ビーチコーミングの工作例

ビーチコーミングの工作をご紹介!

いろいろな貝を貼り付けてみて、スタンドにしてみました▼

ビーチコーミング3

※左から、大人・5歳児・2歳児の作品です。2歳児のゴテ盛やべえ。

100均で購入した板に、木工ボンドで貼り付けています。

木工ボンドで貝殻を貼り付けている様子

貼り付けたあとは、24時間放置すればしっかりくっつきます

種類ごとに分類してみると、博物館ぽくなり、一気に理科!!▼

二枚貝・巻貝

合体すると、かなり立派な展示物に。見ごたえ抜群です▼

ビーチコーミング博物館風

お次は、ビーチコーミングの自由研究テーマ例をご紹介していきますね!



ビーチコーミングの自由研究テーマ例

ビーチコーミングって、ただキレイで楽しいだけでなく、実は、理科の調べ学習にピッタリなんです。

せっかくなので、ビーチコーミングでできる自由研究のテーマ例をご紹介していきますね。

なんで貝殻に穴が開いてるの?(難易度:★☆☆)

ビーチコーミングをしていると、貝殻にまんまるな穴が開いていることがあります

明らかに人工的な感じの、まんまる。

これ、なんで穴が開いたんでしょうか?

・・・・

・・・答え!!

実はこれ・・・ツメタガイと呼ばれる巻貝が貝を食べるときに開ける穴なんです。

ツメタガイは歯のようなもので、ゴリゴリ貝の殻を削って、中身をちゅるんと食べちゃうんです。なかなか残酷。

食べられたあとの穴が貝殻にそのまま残って、海辺に打ち上げられちゃったんですね。

調べ学習にする方法

自由研究の調べ学習にするなら、ビーチコーミングで拾った穴の貝の写真と一緒に・・・

・ツメタガイってどんな生き物?

・どうやってツメタガイは貝を食べるの?

をまとめればバッチリ!

参考:平塚市博物館公式HP「二枚貝に開いた不思議な穴」(外部サイト)

貝殻ってどうやってできるの?(難易度:★★☆)

今までの写真でも分かったように、貝殻って本当にいろいろな形ですよね。

二枚貝・巻貝

巻貝と二枚貝なんて、「本当にあなたたちって、同じ貝なの?」って言いたくなるくらい、全然違う形。

でも、どんな貝殻も同じ作り方だったりします。

貝殻は、貝自身から分泌される「炭酸カルシウム」が結晶化してできるんです。

調べ学習にする方法

自由研究の調べ学習にするなら、ビーチコーミングで拾った貝の写真に合わせて・・・

・貝殻ができる様子をイラストで図解

してみればバッチリ!

ちょっと文章が難しいのですが・・・貝殻のでき方は、東京大学総合研究博物館HP「貝の博物誌 2.貝殻の形の多様性」にかなり詳しく掲載されているので、チェックしてみてください。

※貝殻について更に発展的な内容にするなら、講談社公式HP「すべての貝の形は、同じ「法則」で作られているのをご存知か?」も参考にしてみてくださいね!

 

貝に限らなくても「なんで浜辺に真ん丸な石が多いの?」「なんで化石が浜辺に打ち上げられるの?」といったテーマがあります。

ぜひ調べ学習に活用してみてください。

余談「〇〇〇〇注意報」

最後にちょっとした余談。

今回のビーチコーミングは、2歳の娘にも協力してもらいました。

娘もキレイな石や貝殻を楽しく拾って、持ち帰ったんですね。

それで、工作をするために貝殻を水で洗おうとしたんです。

キッチンでじゃらじゃらっと貝を広げて、ごしごし洗っていたら・・・

貝が、動き出した。

衝撃展開です。おばけです。

・・・・ヤドカリでした。

こうして、我が家にペットが増えたのでした。

ビーチコーミングで貝を持ち帰るときは、ヤドカリにご注意を!

 

おあとがよろしいようで。

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です