実験

【自由研究】毛細管現象ってなに?具体例と実験・工作テーマをご紹介!

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

みなさまは「毛細管現象(毛細現象)」をご存じでしょうか?

毛細管現象とは「細い管を液体の中に立てると、管の中の液面が高くなったり低くなったりする現象」です。

 

「毛細管現象」の説明によく使われるのは「ストロー実験」。

ためしに、ストローをお茶に入れて、横からストローを観察してみてください。

ストローの中のお茶の液面が、お茶の液面より高くなります。

 

「毛細管現象」は中学校の理科の授業で取り扱われている現象なのですが・・・

正直、ストローの中の液面が上がろうが下がろうが、どーでもいいですよね!

何でこんな現象覚えなきゃいけないの!?

なーんて思われがちなんです。

 

でも、ここだけの話、「毛細管現象」はとっても身近な現象なんです。

そして、学校で習う現象なので、自由研究の実験や工作に大活躍します。

 

ということで本日の記事は、

「毛細管現象」の具体例と自由研究向けの実験・工作テーマのご紹介!

 

ティッシュ・クワガタ・注射で見られる毛細管現象の具体例と、青いバラ・自動水やり機の作り方をお話していきます。

 

では、はじまりはじまり~☆

 

毛細管現象の具体例

まずは、毛細管現象が活躍している具体例をご紹介していきますね。

ティッシュやタオルでこぼした水を拭きとる

水をこぼしたら、ティッシュやタオルでふき取りますよね。

ティッシュやタオルが水を吸収するには「毛細管現象」が活躍しています。

ティッシュやタオルには細かい穴が開いています。

その穴が管の役割を果たして、水を吸い取っているのですね。

 

クワガタが昆虫ゼリーを食べる

クワガタの飼育経験がある方はご存じかもしれません。

クワガタが昆虫ゼリーを食べているとき、口元を観察すると、まったく動いていません。

びっくりするくらい、じーっとしています。

クワガタが昆虫ゼリーを食べる

では、どうやって食べているのでしょうか?

ここで「毛細管現象」の出番!

 

クワガタの口を観察すると、ブラシ状の毛の束があります。

この毛の隙間が管の役割をして、「毛細管現象」が起きます。

毛の隙間から這い上がる樹液を食べているのですね。

 

注射で血液を採る

(多分)みんなが大嫌い!注射での採血。

注射

こちらでも「毛細管現象」が一部利用されています。

ここまでお読みの方には想像がつくかもしれませんが、注射の細い管状の針が、血液を吸い上げているのですね。

 

では、お次は「毛細管現象」を利用した実験・工作をご紹介!

スポンサーリンク


 

毛細管現象の実験・工作

自動水やり機をつくる

毛細管現象とサイフォン現象※を利用して、自動水やり機を作ります。

※サイフォン現象とは:灯油ポンプでポリタンクから、ストーブへ灯油を移すときに使われる現象。液体の吸い口の位置が吐き口よりも低いとき、ポンプを止めても液体が流れ続ける現象のこと(参考:株式会社TACMINA「サイホン現象」)。

準備するもの

布ヒモ(切ったタオルでもOK)・ペットボトル

作り方・使い方

布ヒモをペットボトルに入れます。

自動水やり機

完成!めっちゃ簡単!

 

使い方も簡単。

【自動水やり機の使い方】

①ペットボトルから出ているヒモを、プランターに差し込む

②ペットボトルをプランターよりも高い位置に置く

 

ペットボトルに水を入れておけば、ヒモを伝って水がプランターにしみていきます。

ぜひ、ペットボトルを素敵にデコってください!

 

青いバラをつくる

「毛細管現象」を利用して青い色水を白いバラに吸わせることで、青いバラを作ることができます。

準備するもの

白いバラ(カーネーションでもOK)・食用色素・ペットボトル

食用色素はスーパーや100均の製菓コーナーに置いてあります。

 

作り方

青い食用色素で色水をつくって、ペットボトルに入れます。

バラをペットボトルにいれて、3時間以上放置してください。

青いバラの完成!

 

食用色素で染めると、花の色にばらつきが出る場合があります。

鮮やかキレイなバラを作りたい!という場合は、切り花用の色素を使うのもオススメです。

 

青い着色剤▼

 

お得な5色セット。好きな色を選べます▼

 

玄人になると、レインボーなバラとか作れちゃいますよ!

(参考・英語サイト:Rainbow Roses Are Extra Special Flowers For The Extra Special People In Your Life

今日のまとめ

1)「毛細管現象」とは「細い管を液体の中に立てると、管の中の液面が高くなったり低くなったりする現象」

2)「毛細管現象」は、身近なところで大活躍している

 

「毛細管現象」は理科の授業でも取り扱われる定番の現象なので、学校の先生もご存じです。

学校に提出する自由研究に持ってこい!

しかも、授業では「地味ぃ」に扱われる現象だからこそ、実験・工作してみるとすっごく映える自由研究になります。

 

ぜひ、自由研究に「毛細管現象」を利用してみてくださいね!

おあとがよろしいようで。

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です