コラム

どんぐりで遊ぶ前の下処理(虫駆除)の方法~熱湯煮沸で処理!・後編~

すらまっ・しあん!ぽんすけです。

前回の記事で、どんぐりを茹でて虫駆除をしました。

しかし、虫処理はどんぐりを茹でただけでは終わりません。

茹でたどんぐりは、びっちゃびちゃに濡れています。

どんぐりを乾燥させないと、おもちゃには加工できないのですね。

ということで、今回は、茹でたどんぐりを乾燥させてみた結果をお送りします。

前回茹でたどんぐり はこちら↓

f:id:ziyukenkyu_Lab:20181114115738j:plain

これを室内で乾燥させます。

なるべく湿度が高くなくて、子供の手が届かないところ・・・ということで、カウンターキッチンのすみに置きました。

乾燥させる期間は1週間!

のはずだったのですが、問題発生。

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは どんぐりが乾燥しているかを確認しようと思ったら いつのまにかトイレで吐いていた」 な… 何を言っているのか わからねーと思うが おれも 何をされたのか わからなかった…

悪阻様がご降臨されていたので、泣く泣く1か月放置しました・・・

1か月放置してみて、さあ!おもちゃを作るぞ!!と意気込んでどんぐりを1つつまんでみたところ・・・

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190110102457j:plain
割れとるやんけ。

茹でた直後に割れているどんぐりの選別をしたにも関わらず、乾燥後にも再び割れているどんぐりがちらほらと・・・

ということで、乾燥後に割れたどんぐりを選別!

結果がこちら。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190110102537j:plain

その数、17個!!

もともと117個あったどんぐりですが、茹でて、乾燥させることで、 全体の15%しか使えないという結果に・・・悲劇。

更に悲しい出来事が・・・

このエリートどんぐりたちで、どんぐりおもちゃの定番「やじろべえ」を作ろうと、どんぐりに印をつけて、穴を開けようとしてみたところ・・・

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190110103155j:plain

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190110103225j:plain
割れやがった。

悪戦苦闘の結果、6つのどんぐりを犠牲に、やじろべえは完成!

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190110103542j:plain

しかし、ぽんすけ思う。

これ、虫処理しない方が良くないか・・・?

だって・・・

手間暇かけて得られるどんぐりは全体の15%

得られたどんぐりは割れやすく、加工が大変

(この後、処理していない生どんぐりで「やじろべえ」を作成したら、1個も割れずにできたという・・・)

更に、こちらの画像を見てください↓

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190110104634j:plain

左が、生どんぐり(処理なし)。

右が、ゆでどんぐり(虫処理済み)。

明らかに、生どんぐりの方が、発色が良いのです!

更に言うと、さわり心地もよい!

ということで、我が家では、
生のドングリでおもちゃを作って、毎年捨てる方針で行くことに決定しました。

どんぐり虫がわいたらどうするかって?

その時はその時だ!!(割りばしとゴミ袋を片手に)

虫が苦手な読者様は、虫の処理をしていただいたほうが良いかとおもいます。

しかし、

虫に対してそこまで嫌悪感をお持ちでない方や、

どんぐりで作ったおもちゃは使い捨てでもOKと思う方
生のどんぐりでおもちゃを作ることを、ぜひご検討ください。

やってみなくちゃ、わからなかった。
大どんぐり実験でした!

こんな記事もいかがですか?

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です