科学コラム

ネットにある科学実験をするときは、十分に注意が必要だと思った話

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

今日はネットで科学実験を調べているときに感じた、ドキドキとした不安と、ちょっとしたお知らせについてお話しさせていただきます。

ことの顛末

ちょっと前に「公園で自然にできる葉脈標本(スケルトンリーフ)を観察しよう!」という記事を書きました。

そのとき、「葉脈標本」についてネットででいろいろ調べてみたのですね。

すると、多くの場合で「葉脈標本」を作るときに

「水酸化ナトリウム(パイプ洗浄剤)」

を水に溶かしたものを使用していました。

この「水酸化ナトリウム」を水に溶かしたものは、皮膚や目に入ると危険です。

具体的に言うと、

皮膚に付着:火傷します。適切な処置をしないと、移植が必要になるレベルで、大きくただれます。

目に入る:失明します。

しかも、「水酸化ナトリウム」の怖いところは、症状がすぐに出ないところです。

最初はちょっとした火傷かな?という感じなのですが、じわじわっと悪化して、取り返しのつかないことになるのです。

なので、大学の研究室や、高校の理科の授業で「水酸化ナトリウム」を用いた実験をするときは、「白衣、手袋、実験用のメガネ」をつけます。

また、実験後に「水酸化ナトリウム」を捨てるときも、

「水酸化ナトリウム」を酸性の溶液と中和させて捨てます。

しかし、ネットに掲載されている「葉脈標本の作り方」を眺めていると、

「危険だから十分注意していね」

とは書かれていますが、

どうやって取り扱うか?

どうやって廃棄するか?

に関しては十分に書かれていません。

ネットはとっても便利です。

ちょっと調べるだけで、いろいろな人の様々なアイディアが掲載されており、

自宅で楽しく実験ができます。

私自身も、とっても楽しく活用させていただいています。

ただ、今回の「葉脈標本」について調べてみて、

ネットに掲載されている科学実験(特に化学反応を伴うもの)をするときは、十分に注意が必要だと思いました。

さて、ここまでお読みのみなさま、お気づきでしょうか。

この話は、まさしくぽんすけにブーメランであることに。

このブログは、素性の知れない、アラサー主婦たぬきが自由研究(実験)をひたすら紹介するというものです。

「おいぽんすけ。お前のブログに掲載されている実験は、本当に安全なのか??」

そんなお言葉が聞こえてくるようです。

ということで、

ここに改めまして、本ブログの安全のための工夫をご紹介しておきたいと思います。

スポンサーリンク

 

本ブログの安全のための工夫

☑ 基本的には、化学反応を伴う実験は行わない。

ただし、一般的な料理・市販の実験キット・本に掲載されており、かつ安全性が確認できる実験は例外として実施する。

もし、化学反応を伴う実験を行う場合、以下を守る。

☑ ブログに掲載するときに、注意点は目立つように表記する

☑ 原則、アルカリ性の溶液を使わない

☑ 有機溶剤(除菌ジェルなどのエタノールを除く)を使わない

☑ 使用する薬品は、中学生が実験するときに使ってよいものまで

☑ 必ず現役の理科教員にチェックをしてもらう

おわりに

ちょっと実験をするのが怖くなってしまいますでしょうか?

でも、ご安心ください。

科学実験って、要は、料理と同じです。

気を付けるべきところだけ気を付ければ、安全で楽しくできるのです。

どうぞ、安全にだけは気を付けて、楽しい実験をしてください!

おあとがよろしいようで。

にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ
にほんブログ村

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です