自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

【Dr.STONE】クロムが使った血のりを作ってみよう!準備編【勝手に自由研究】

スポンサーリンク

※注意※本日の記事は「Dr.STONE」第9巻の致命的ネタバレを含んでいます。

 これから読む予定の方は、すみやかにブラウザバックをしてくださいね!

 

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

突然ですが、みなさま「Dr.STONE」という漫画をご存じでしょうか?

ざっくりあらすじを説明すると・・・

 

地球上にいる人類がみんな石化した!

3700年後に石化が解けた人たちと協力して、文明を一から築き上げるぜ@科学!

 

という漫画です。

 

この漫画に、ぽんすけ、ドはまり。

 

「『科学ではわからないこともある』じゃねえ」

「わからねえことにルールを探す。そのクッソ地道な努力を」

「科学って呼んでるだけだ……!!」

※Dr.STONE 1巻より

 

という作中の言葉通り、

主人公は仲間と一緒に、地道な努力を繰り返し、文明をどんどん築き上げていきます。

 

もうそれが、たまらなく面白い!

科学好きはもちろん、歴史好き、「友情・努力・勝利」が大好き、という方には本当にオススメです。

 

・・・なーんて、「Dr.STONE」愛を語りだしたら止まらないので、そろそろ本題に。

 

ちまちまと漫画を読んでいたら、こんなシーンがありました。

※「Dr.STONE」第9巻より

 

ねじり鉢巻きのクロム君。吐血して、敵に肺炎だと告げるシーンなのですが・・・

実は、この吐き出した血は、敵をだますための、真っ赤なウソ。

 

手元にあるもので、血のりを作ったのです。

※「Dr.STONE」第9巻より

 

赤シソとカタバミをかみつぶすことで、血のりにしたのですね。

ここで、気づきます。

・・・

この血のり、家でも作れるんじゃね?

 

ということで、

本日の記事は「クロムが使った血のりを作ってみよう!準備編」

血のりの材料集めを、ちまちまとやったお話です。

 

・・・ところでお気づきでしょうか?

今回のタイトルが「カタバミと赤シソで血のりを作ろう!」ではないことに・・・

今回も、今回とて、いつもの苦難の道が始まるのです。

 

では、はじまりはじまり~☆

 

 

赤シソを探してみる「赤シソは夏しか売ってない!」

自宅の冷蔵庫には赤シソがなかったので、さっそく近所のスーパーに行きます。

野菜コーナーに行き、赤シソを探すのですが・・・

大葉はあるけど、赤シソが見つからない!

 

大問題です。

頭を抱えたぽんすけは、スーパーの店員さんに赤シソの売り場を尋ねます。

いわく、

 

店員「夏にならないと入荷しませんが?」

・・・なんですと!?

 

赤シソは梅の販売時期(6月ごろ)にしか入荷しないのこと。

いきなり、大きな壁です。

 

でも、こんなことでめげていたら、自由研究なんてできません!

 

ということで、スーパーにあるもので代用品を探すことにします。

そこで、さらなる、問題が!

・・・何が代用品になるの?

 

赤シソの代用品を探してみる「よし、〇〇〇ジュースだ」

代用品のヒントを探すために、原作コミックスを確認します。

コミックスには・・・

 

「赤シソは酸に触れると真っ赤になる性質を持つ」

 

つまり、赤シソと同じ性質を持った品物を探せばいいのですが・・・

「酸に触れると真っ赤になる性質」ってどんな性質?

言い換えると、

なんで赤シソは酸に触れると、真っ赤になるの?

 

結論からいきます。 

赤シソに含まれる「アントシアニン」という色素が、酸に触れると真っ赤になるから!

  

この「アントシアニン」という色素は、面白い性質を持っていて、

液体が酸性なら赤に、アルカリ性なら緑や黄色になります。

 

今回の場合、アントシアニンを含む赤シソに、シュウ酸を含むカタバミが混ざることで、血のりを作ることができるのですね!

 

つまり、「アントシアニン」を含む品物を探せば、血のりが作れる・・・!

 

代用品・・・これだ。

 

カタバミを探してみた「冬はカタバミがない…!?」

アントシアニンを含むぶどうジュースをゲットしたぽんすけ。

今度は「カタバミ」を探します!

いろいろな葉っぱで10円玉をピカピカにしてみよう!」を書いたときに、カタバミを探したぽんすけです。

「前にカタバミをつんだ場所に行けば、ゲットできるわ。楽だわー」なんて思っていたのですが・・・

 

甘かった。

 

・・・なぜって?

 

カタバミ、

ほとんど、

冬にいない!

 

調べてみたら、奴らの最盛期は春から秋。

冬には隠れてしまうのです。

以前カタバミをつんだ場所には、カタバミのかけらもありませんでした。

 

どうする、ぽんすけ。

 

そこで、理科マスターな旦那に「冬にカタバミ探すならどこかね?」と相談します。

旦那「マンションの生垣の根本を探してみたら?」

 

そこで、ぽんすけは「ハートの葉っぱを探しに行くぞ!!」と、息子に指令を出します。

 

・・・すみません。盛りました。

 

正確には、「息子氏、お母さんは仕事でハートの葉っぱがほしいのです。一緒に探してくれませんか?」です。

 

「面倒だから、いやだ。」と断られると思いきや・・・息子、快諾!(ありがとう息子)

4歳になり、お兄ちゃん感が満載になって、お手伝いに目覚めたようです。

 

こうして、二人でカタバミ探しの旅に出ました。

 

マンションの生垣の根本をくまなく探していると・・・

い、いた・・・!

なんだか、ちょっぴり元気がなさそうですが、ちゃんとカタバミさんです。

その後も、生垣の下を覗いて探していると・・・

 

息子「(指をさしながら)ハート!」

息子「あ、ハート」

息子「ここにもあるよ」

 

息子、カタバミ探しのプロ!

 

視点が低いおかげか、ハートの葉っぱを探すのが私よりもうまかったのです。

息子氏のおかげで、たくさんのカタバミを見つけることができました。

クロムがかじった量以上には集められたはず!

 

【Dr.STONE】クロムが使った血のりを作ってみよう!【実験編】につづく

次回、「実際に血のりを作ってみた!」実験編です。

お楽しみに!

www.ziyukenkyulab.com

 

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について