自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

「ヒノキぼっくり」をじっくり観察してみよう!【勝手に自由研究】

スポンサーリンク

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

今日の記事のテーマは、冬のクリスマスシーズンになると、100均で大量に出現するこちら。

まつぼっくり!

・・・のお話ではなく、1年前から読者さんには(多分)おなじみなヒノキぼっくりのお話です。

 

松ぼっくりは、松の木に生える果実のようなものなのですが、松の木だけでなく、ヒノキの木にも果実っぽいのができるのです。

 

こちらを通称、ヒノキぼっくりと言います!

※詳しくは「「ヒノキぼっくり」で工作してみよう!」をチェックしてみてくださいね。

 

本日の記事は、こちらの「ヒノキぼっくり」をじっくり観察してみよう!をテーマに、理科っぽいお話をしていこうと思います。

 

結論からお話すると、ヒノキぼっくりは、

ヒノキの種(赤ちゃん)を守ったり、

クモの卵と赤ちゃんを守ったり、

すごーくたくさんの役割を果たすお母さんでした!

 

では、はじまりはじまり~☆

 

ヒノキぼっくりを拾って、観察してみた

まずは、ヒノキぼっくりを拾ってきます。

ヒノキぼっくりは、ヒノキの木に超たくさん生えています。

茶色いのが全部ヒノキぼっくり!

木の下を見ると、たくさんのヒノキぼっくりを見つけることができます。

 

ヒノキぼっくりじっくり観察しようと、手の中でコロコロしていると・・・

あっ!

 

ぽろっと種が取れました!

 

ヒノキぼっくりのどこに種がついていたのでしょうか?

もう一度、別のヒノキぼっくりで観察してみます。

 

じーっ・・・・

・・・

・・・・

おっ!?

 

写真では見づらいかもしれませんが、ヒノキぼっくりの隙間に羽状の種が見えます!

ピンセットで羽をつまんで取ると、ポロっと種を外すことができました。

 

ここでちょっと実験。

こちらのヒノキの種を、高いところから落としてみます!

どんな風に落ちていくか、想像できますでしょうか?

 

実は、ヒノキぼっくりの種は、まっすぐ落っこちず、小さな円を描きながら落っこちていくのです。

 

・・・ん?動画で見たいって?

動画で撮ろうとしたのですが、種が小さすぎて、うまくいきませんでした(ごめんなさい)!

 

まつぼっくりの種も同じ動きをするので、どんな風に落っこちるかを見てみたい方は、まつぼっくりでやってみてください。

 

ここで、突然ですが、読者さまへの挑戦状!

なんで、

ヒノキぼっくりの種は、

クルクルと落っこちるのでしょうか?

 

実は「クルクルと落っこちる」のって、ヒノキぼっくりが子孫を残していくためにとっても大事なことなんです。

 

その答えは・・・つづく!

www.ziyukenkyulab.com

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について