自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

【解答編】凶器をさがせ!ぽんすけ殺狸事件

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

さらっと蘇ってみました。

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

本日は「凶器をさがせ!ぽんすけ殺狸事件 」の解答編。

ガラス破片で刺されたぽんすけ。その凶器はどこに!?

はじまりはじまり~☆

 

 

「ぽんすけ殺狸事件」の凶器探しを上司に命じられた、警察官たぬ太郎。

全くの手がかりがなく、頭を抱えています。

 

そんなたぬ太郎のもとに、颯爽登場!!

その名も、探偵ぽんぽこ!

 

ぽんぽこは、ポケットからピンセットを取り出し、ニヒルな顔して話します。

 

ぽんぽこ「まったく君たち愚民どもは、こんなことにも気づかないのかい」

 

その乱雑な言葉とは裏腹に、丁寧な手つきでピンセットを突っ込みます。

ワイングラスの中に!

 

な、なんと、凶器はワイングラスの中にありました!

 

たぬ太郎「な、なんだってぇええええ!?」

たぬ太郎は、驚きに目をひんむきます。それと同時に、ぽんぽこに疑いの目を向けます。

 

たぬ太郎「でもでも、さっきまでワイングラスの中には何もなかったですよ。・・・もしかして、あなたが凶器を持っていて、さも、ワイングラスの中から取り出したように見せかけたのでは・・・?」

 

確かに、たぬ太郎の言うように、ワイングラスの中には何も入っていないように見えます。

たぬ太郎が、ぽんぽこを疑うのも無理ありません。

その言葉を聞いたぽんぽこは、お手本のような見下し目線で、あざけります。

 

ぽんぽこ「まったく、このワラジムシが。お前のような単純頭にもわかるように説明してやろう。」

 

ぽんぽこは、凶器を布でふき取って、スープに浸します。

ぽんぽこ「多くの場合、このコンソメスープのように、ガラスを液体に入れると、ガラスが見える。だが・・・」

 

今度は、ワイングラスの中の液体にガラス片を入れます。

たぬ太郎「・・・あれ!?」

ガラス片が、液体の中で見えなくなりました・・・!

 

たぬ太郎「なんで、白ワインの中だと、ガラスが消えるんだ!?」

ぽんぽこ「はっ!誰がワイングラスの中の液体が、ワインだと言った?」

 

たぬ太郎は、ワイングラスの中の液体を舐めてみます。

たぬ太郎「・・・油?」

ぽんぽこ「正確にはサラダ油だろうな。白ワインと似た色だから、ワラジムシも騙されたのだろう。私のような天才たぬきなら、いざ知らず、愚民ならば仕方がない」

 

はあ、とため息をつきながら話すぽんぽこ。

たぬ太郎は、その態度にイラっとしつつも、質問を続けます。

まだまだ、気になることがあるのです。というのも・・・

たぬ太郎「なんで、サラダ油の中だとガラスが消えるんですか?」

 

ぽんぽこ「全く。頭を回さないクズムシには苦労させられるな。いいか?」

ぽんぽこは、紙とペンを取り出します。

 

ぽんぽこ「中学校で屈折というのを習ったな?光が異なる物質に進むときに、折れ曲がる現象だ。よく見るのは、光が水の中で曲がる、という実験だな。

 

 

 

空気と水は違う物質だから、光が曲がる(屈折する)。

そして、屈折するからこそ、そこにある物質を視認できるんだ。

空気の中から水を見ると、屈折するから、そこに水があると認識できるんだな。

 

更に、ここが大事なポイントなのだが、物質によって光の曲がり方(屈折率)が違う。

・・・というのが基本なのだが、

 

違う物質なのに、屈折率が同じことがある。

今回の場合、ガラスとサラダ油の屈折率が一緒だった。

 

屈折率が同じ物質の間で光が通るとこうなる。」

 

たぬ太郎「光が屈折しない!?」

ぽんぽこ「その通りだ、ワラジムシ。足りない頭も回るじゃないか。光が屈折しないから、そこにある物体を視認できない。つまり、サラダ油の中に入ったガラスを見ることはできない。

 

ぽんぽこは、チラリと口角を上げて、扉に向かって歩き始めました。

ぽんぽこ「クソムシのわりに、そこそこの理解力だな。警察官として、励めよ」

 

こうして、事件は解決したのでした。

fin.

 

「凶器をさがせ!ぽんすけ殺狸事件」はいかがでしたでしょうか?

 

科学ネタって、ミステリと相性抜群だなーなんて思ってるたぬきです。

また、ミステリネタを思いついたら、ちまちま書いてみたいと思います!

誰か、イケメンたぬきたちで漫画化してくれないだろうか・・・?

 

最後に大事な余談。

ぽんぽこが「ワラジムシ」を罵詈雑言として使っていますが、

ぽんすけはワラジムシ大好きです。

 

おあとがよろしいようで。

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について