実験

【自由研究】空を飛ぶ植物の種を調べて考察してみよう!

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

前回の「空を舞う種の模型をつくってみよう!」で、「羽のついた種の模型」の作り方を紹介しました。

夏休みの自由研究にお急ぎの場合、前回ご紹介した種模型を提出するだけでもOKです。

でもでも・・・

正直、理科っぽくない!

ということで、本日の記事は、もっと理科っぽい「植物の飛ぶ種」の自由研究!

『数字データ』を使って、考察のしやすい自由研究テーマをご紹介していきます。

この記事でわかること▼

・よく飛ぶ羽つきの種の作り方

・飛ぶ羽つき種の自由研究テーマ

・自由研究の考察のやり方

では、はじまりはじまり~☆

実験の動機

まずは、ぽんすけ的実験の動機をご紹介▼

ワインを飲んでるある日の夜。

ワインの梱包材でラワンの種模型を作った。

種模型を飛ばしてみたら、確かにクルクルと回った。

でも、羽がもっと開いていたら、滞空時間が延びるのかなぁ?と気になった。

だって、鳥って羽がもっと開いているから。

羽がもっと開いていたら、たくさん飛びそう・・・

そこで、羽の開き具合を変えた種をつくって、比べることにする。

 

では、やっていきますよー!

必要なもの

必要なものです。めっちゃシンプル。

・画用紙(色・サイズはご自由に)

・ゼムクリップ

・ストップウォッチ(スマホOK)

・メジャー

以上!

実験方法

実験のやり方を解説していきます。

まずは、実験のキモとなる「空飛ぶ種」の作り方をご紹介していきます。

※参考文献:「ラワンの紙模型の研究 / 私立武蔵中学校1年 佐藤璃輝」

空飛ぶ種の作り方

最初にやることは・・・画用紙カット!

画用紙の長さは、

縦16cm×横1.3cm

です。

画用紙でつくるラワンの種の作り方1

次に、画用紙を「少しずらして」半分に折ります。

あとは、折り目にクリップをつければOK。

画用紙でつくるラワンの種の作り方2

これで種は完成です。

実際に回してみると、こんな感じ!

 

この種の開きを変えて、滞空時間を比較していきます!



実験のやり方

実験の手順

まずは、羽の開きが違う種模型を用意します。

羽の開き()▼

画用紙でつくるラワンの種の開きが小さいもの

羽の開き()▼

画用紙でつくるラワンの種の開きが中のもの

羽の開き()▼

画用紙でつくるラワンの種の開きが大きいもの

※別の実験も並行して行ったため、種の部分にマスキングテープをまいています。実験の内容に変更はありません。

 

お次は実際にやることをご紹介していきますね。

実験のやり方▼

① 壁にメジャーを貼り付ける

② 2mの目盛りに種模型の先が合うようにしする。

③ 落とすと同時にストップウォッチをスタート

④ 種模型が「ぽとっ」と落ちた音が聞こえたらストップウォッチを止める

⑤ 種模型の滞空時間を表にまとめる

⑥ ①~⑤を羽の開きが違う種ごとに繰り返す

⑦ ⑥の結果をまとめる

ちなみに、予想は『羽の開き方が大きければ大きいほど、滞空時間が長い』です。

さあて、実際にやってみますよー!

実際にやってみた!

椅子に立って、2mの位置から種模型を落とします。

スマホのストップウォッチを用意して、さっそく実験開始!

・・・

さあ、ここで問題が発生。

ぽんすけ、種を落とす&ストップウォッチを押す動作、同時にできない!

ストップウォッチを押そうとするのですが、なぜかスタートボタンからズレた位置で押してしまうのです。

全然スタートできない。

さらにさらに・・・スマホを落とした!

種を落としつつ、ストップウォッチをスタートなんてできそうにありません。

このままスマホに衝撃を与え続けるわけにはいきません。

一人ぼっちで実験してるので、頼る相手もいません。

どうする、ぽんすけ!

・・・

・・・

手がダメなら、足でいいじゃない。

足の甲を逸らして、つま先でストップウォッチをスタートすることにしました。

・・・まあ、うまくいかないんですけどね!

でも、何度か繰り返していると、安定してストップウォッチをスタート&ストップできるようになりました。

結局、手に画用紙、足にスマホというただの変態が誕生しました。

しばらくして、スマートフォンにストラップと滑り止めをつければよかった!と思ったりもしましたが、成功したから良し。

結果をまとめてみた

羽の開き方別に、滞空時間をまとめた結果がこちら▼

画用紙でつくるラワンの種の滞空時間の結果

見やすくするために、平均値だけ並べてみます。

羽の開き具合ごとの滞空時間(平均)▼

開き方():0.65秒

開き方():0.99秒

開き方():0.87秒

あれ?

ぽんすけは、「羽の開き方が大きければ大きいほど、滞空時間が長い」と予想しました。

でも、実験結果を見てみると、滞空時間が一番長いのは、羽の開き方が中くらいです。

あれれ??

つづく!

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です