自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

冬の桜で桜染めできるか調べてみた!つづき【勝手に自由研究】

ぽんぽこぽん!ぽんすけです

お読みいただきありがとうございます。

 

本日は「冬の桜で桜染めできるか調べてみた!」のつづき!

前回の記事では、冬の桜から染料をゲットしたところまでご紹介しました。

 

本日の記事では、実際に白いレースを桜染めしてみた結果をお話していきます。

では、はじまりはじまり~☆

 

 

濃染処理をする「豆乳買い忘れた!牛乳でやってみよう」

今回も「桜の枝を使って桜染めをしよう!方法と作品例」でご紹介した方法で、桜染めをしていきます。

まずは、濃染処理(染料を濃く色づけるための処理)をします!

 

ここで使うのは、豆乳です。

水で薄めた豆乳に、レースを沈めて処理するのです・・・が、

見事に買い忘れました・・・!

 

ということで、今回は代用品として、牛乳を使ってみました。

豆乳よりも、布が臭くなるらしいのですが、試しにやってみることにします。

 

牛乳を水で薄めて、レースをつっこみます。

最初は薄めた牛乳の上に浮いてしまった小さなレースですが、

少し箸で押してあげると、あっという間に沈みました。

しばらく放置して・・・しっかり絞って、室内干し!

 

3時間くら干しておくと、からっからに乾きました。

ためしに、クンクンしてみます。

・・・

・・・

・・・あれ?臭くない!?

 

「牛乳のいやーなにおいがするかな?」と思っていたのですが、全然においがしませんでした。

うーん、やっぱりやってみるもんですね!

 

媒染&布染めしてみた

お次は媒染(染料が布にくっつくようにすること)していきます。

鍋にお湯をわかし、焼きミョウバンさんを入れます。

 

そこへ、レースを投入!

10分コトコト。

その間におやつをモグモグ。おっとっとはおいしい。

 

10分経過したら、レースを軽く絞って・・・いよいよ染めていきます。

 

作った桜の染料&レースを鍋に投入!

・・・一瞬でレースは沈んで、行方不明になりました。

 強めの弱火で、20分コトコト。

 

ここでも、ふわっと、桜の香りが部屋いっぱいに広がります。

染料がうっかり手についたのですが、手からも桜の香り。

めっちゃ、桜餅食べたい。

 

と、季節外れなことを思いつつ、ブログ記事を書いていたら、あっという間に20分。

ここから、2時間、鍋を放置します!

 

冬でも桜染めができた!

2時間放置して、引き上げたレースがこちら!

 

茶色っぽいというより、赤っぽい!

このあと、水でしっかりと洗うと・・・

ちゃんとピンクベージュに!!

下にある染色前の色に比べると、しっかり色が付きました。

冬の桜でも、桜染めができることがわかりました!

 

正直、期待していなかった分、大・感・動!

 

まとめ

「冬の桜で桜染めできるか調べてみた!」いかがでしたでしょうか?

 

冬の桜は、春の桜とは違ったおもむきの色になります。

ぜひ、四季の移ろいを草木染めで感じてみてはいかがでしょうか?

 

おあとがよろしいようで。

 

www.ziyukenkyulab.com

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について