自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

失敗編!自宅で『炎色反応』実験!【塩・ミョウバン・ホウ素】

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

なんだかんだで主婦なぽんすけ。ぶきっちょとはいえ、料理はします。

その日も、ごはん・味噌汁・お魚というTHE和食なごはんを作りました。

そして、1日終わり。

 

あることに気づきました。

 

 

この、なんの変哲もないコンロの写真。

実は、ぽんすけの「そこつ者」感がよーーーーーーくわかる画像です。

 

・・・

・・・何が起こっているかわかりましたか?

 

本日の記事は「自宅で炎色反応!」

特定の物質で炎の色を変える技を、自宅で安全に実施する方法をご紹介します。

 

・・・え?コンロに何があったかわからないって?

チャンネルはそのまま「成功編」まで!!!

 

はじまりはじまり~☆

 

※成功編は「成功!自宅で『炎色反応』実験【塩・ミョウバン・ホウ酸】」を読んでみてください!

 

 

炎色反応する物質を準備してみた「塩・ミョウバン・ホウ砂」

まずは、燃えたときに色が変わる物質を集めます。

薬局やスーパーで購入できる物質たちはこの3つ!

 

このブログではおなじみ、焼きミョウバン!!!

カリウムが含まれているので、炎は紫色になる(はず)。

スーパーのお漬物コーナーに売られています。

 

お次は、ホウ砂!お掃除などに使う粉です。

ホウ砂には、その名の通りホウ素が含まれているので、緑色になる(はず)。

薬局に売られています。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303132852j:plain

 

お料理の必需品、お塩!!

こちらはナトリウムが含まれているので、黄色になる(はず)。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20190126182828j:plain

 

この3つを燃やして、ぷちレインボーな炎を自宅でチャレンジ!!!

 

炎色反応の実験準備をしてみた! 「びっくり手軽!」

今回は、「キッチンで炎色反応※」さんを丸パクリ参考に実験を進めていきます。

※こちらのサイトでは多くの化学実験を丁寧に紹介しています!気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

まずは、脱脂綿を用意して、指先でつまめる程度に丸めます。

その名もコットン玉!

(脱脂綿は化粧用コットンでもOKです!)

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303134341j:plain
f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303133340j:plain
 

無水エタノールを準備。

それぞれのコットン玉にエタノールをしみこませます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303133243j:plain

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303133419j:plain

コットンがすごい勢いで、エタノールを吸収していきます。

そして、そこにあるのは、スピリタス(超高濃度なお酒)の香り!!!

飲みたい

お酒が苦手な人は、換気扇の下などでの作業をオススメします。

 

コットン玉をアルミカップの中に入れて、アルミカップの下には陶器を置いておきます。

ここに、それぞれの粉をふりかけていきます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303133703j:plain

ここで、問題です。

どれがどの粉でしょうか??

・・・

・・・

全部「真っ白な粉」だから、どれがどれだかわかりませんよね!!!

たぬきもわかりません。

 

でもでも、この「真っ白な粉だから、どれがどれだかわからん!」という発想は、炎色反応を理解するのに、すごく大事なのです。

 

実は、炎色反応って、物質の正体を見抜くためにも使われます。

 

たとえば、謎の粉を燃やして紫色なら、「カリウムが含まれているかも?」なんてことがわかるのです。

炎色反応は「花火の色をつける」だけではない、科学的にも重要な反応なのです。

 

なーんて、ちょっと、いんてりじぇんすな話をしつつ、いよいよ炎つけます!

 

あ、もしも、めっちゃ燃えてしまったときのために、濡れ雑巾はご用意くださいね!

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303133823j:plain
 

物質たちを燃やしてみた!「あれ…?色が変わらない…」

チャッカマンで、4つのコットン玉に火をつけていきます。
燃えた!!!!

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303134053j:plain

ここでそれぞれのコットン玉のネタバレ。

 

左上:ホウ砂(緑)

左下:焼きミョウバン(紫)

右上:何もなし

右下:塩(黄)

 

もう一度見ます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303134053j:plain

何も入れていないアルコールのみ(右上)の炎と他の炎を比べてみます。

右下(ナトリウム:黄)は黄色いけど・・・左上のと色の違いが謎。

左上(ホウ素:緑)は、緑のかけらもありません。

左下(カリウム:紫)はほんのり青い?でも違いがはっきりわからず。

・・・

・・・

え、これ、色、変わったの・・・?

 

いやいや、もしかしたら時間が経てば変わるのでは・・?!

ということで、1分弱待ってみました。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303134101j:plain

変わってない!!!

 

そこで、改めて「キッチンで炎色反応」さんの画像を確認します。

ぜひ、見てみてください。

美しい炎たちがアルミカップの上を舞っているのです。

 

・・・

・・・

悲しくなったたぬきは、そっと濡れ雑巾をかぶせるのでした。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200303134143j:plain

 

「自宅で『炎色反応』実験!」続編につづく

次回、たぬきはちゃんと自宅で炎色反応できるのか!?

試行錯誤して、自宅での炎色反応を達成していく悪戦苦闘をお楽しみに。

 

余談。

ここまでの話で、たぬきの「そこつ者」ポイント、わかりましたか?

 

つづく!

www.ziyukenkyulab.com

 

 

参考:キッチンで炎色反応

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について