自由研究ラボ

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

公園の砂でピカピカ泥だんごを作ってみよう!【勝手に自由研究】

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

旦那&子供たちと公園に遊びに行ったある日のこと。

息子と砂場で遊んでいたぽんすけは、ふと、旦那がいなくなっていることに気づきました。

 

「どこにいったんだ・・・?」と、公園の中を探すと、

公園のすみでしゃがみこむ旦那の姿が。

 

覗き込んでみると、その手には立派な泥だんごです!

 

 

子供との遊びに飽きて、すみっちょで一生懸命作ったようです。

想像以上にまんまるな泥だんごを見た、ぽんすけ。

こんなキットがあるのを思い出しました

 

ひかるどろだんご 色だんご 制作編

 

もしや、ぽんすけもピカピカ泥だんごを作れるのでは・・・? 

 

これは、チャンスだ。

 

公園からの帰りに、旦那が捨てようとした泥だんごをもらったぽんすけでした。

 

ということで、本日の記事は、公園の砂だけでピカピカ泥だんごを作ってみよう!

 

キットを使わず、公園の砂と自宅にあるものだけで作成してみます☆

 

はじまりはじまり~

 

 

ピカピカ泥だんごの材料「砂・水・袋・ストッキングだけ!」

1)砂場の砂

泥だんごの主要成分。公園にあるサラサラな砂ならOK!

 

2)水

泥だんごを作るときに使います。水場がある砂場に行けると作りやすい!

もし水場がなければ、ペットボトルとかでおうちの水を持っていってください。

 

3)ビニール袋

泥だんごをねかせるときに使います。コンビニやスーパーの袋でOK。

 

4)古いストッキング

泥だんごを磨くのに使います。自宅にあった伝染したストッキングを使いました。

 

ピカピカ泥だんごの作り方

1)芯用の泥だんごを作る

水にぬらした砂場の砂で、丸い泥だんごを作ってください!

時間は5~10分程度。

ギュッと握ったり、コロコロ転がしながら少しずつ大きくしていってください。

 

ある程度の大きさになったら、乾いた砂をかけながら、泥だんごの形を真ん丸に整えます!

 

目標は30分以上!

 

ちなみに、大人が40分間、真剣に丸めるとこんな感じになります。

 

コツは、なるべく表面を平らにすること。

今回の記事では使いませんでしたが、ヤスリなどで軽く削りながら作ると、もっと平らな泥だんごになるようです!

 

2)半日、泥だんごをねかせる

納得がいくまで丸くなったら、ビニール袋に入れます。

 

自宅に持ち帰ってください。

軽く、ビニール袋の口を結んで、洗面台で半日~1日放置!

 

泥だんごをねかせることで、泥だんごの水分を全体に行きわたらせます。

 

乾燥しているところに放置すると、ヒビが入ります。
なるべく「湿気が多い場所」にねかせてあげてください。

 

3)砂場の砂をまぶす

ねかせてあげた泥だんごを取り出して、砂場の砂をまぶします。

 

ここで、ぽんすけ画伯による解説!

砂をまぶすときは、利き手で砂場の砂、反対の手で泥だんごを持ちます。

泥だんごをクルクルとまわしながら、砂を少しずつかけてください!

 

20分くらい砂をまぶし続けると、こんな感じに!

 

すでにテカリが・・・!(わくわく)

 

ここまできたら、再び、半日~1日、泥だんごをねかしてあげてください。

 

4)ストッキングで1時間磨く

さぁ、いよいよ、下準備の終わり。

ピカピカへの道のスタートです!

 

ストッキングで磨いていきます。

ごしごし

ごしごし

ごしごし…(30分経過)

 

ツ、ツヤがでてきた…っ

 

さらに磨きます。

 

ごしゅしゅ

ごしゅしゅ

ごしゅしゅのしゅー♪

 

20分経過。

 

見た目では、変わったように見えません。 

でも、赤ちゃんの肌のような、謎のしっとり感・・・・!!!

 

コロコロと触っているだけで、気分がアゲアゲな触り心地になりました。

 

ああぁ・・・もっとみがいちゃうよ!(恍惚)

 

ごしごし

ごしごし

ごしごし・・・(さらに20分経過)

 

あっ

 

_(:3」∠)_

 

・・・でも、反対側がつやっつやだから、

よいのです!

 

スポンサーリンク  

 

 

困った!作業を途中で止めたい・・・「ビニール袋で保管でOK」

お気づきの方もいるかもしれませんが、泥だんご作りは、のべ2日かかります!

 

「2日連続で空いている時間なんてないよ!」という方もいるかと思います。

 

そんなときは、作業途中でも、泥だんごをビニール袋に入れて封しておけば、保管ができます。

再び、ビニール袋から取り出して、続きの作業をしてもらえればOK☆

 

ぽんすけがやってみた感じだと、夏場の洗面台で4日程度なら保管可能です!

 

ただし、長く放置していると、泥だんごの水分が失われてヒビの原因になります。

作り始めたら、なるべく早めにピカピカにしてあげてくださいね☆

 

まとめ「ピカピカ泥だんごは、普段の公園遊びに刺激をプラスできる!」 

☑ 準備するもの:砂、水、スーパーの袋、ストッキング、泥を磨き続ける穏やかな心

☑ 作り方:泥だんごを作って、ねかして、ひたすら磨く

☑ ピカピカ泥だんごはツヤツヤなうえに、触り心地抜群で幸せになる!

 

 「公園の砂でピカピカ泥だんごを作ってみよう!」いかがでしたでしょうか?

 

今回ご紹介した方法では、傷の無いまんまるな泥だんごを作ることはできません。

しかし、細かいことを気にせず、子供と一緒に泥だんごを全力で楽しむことができます。

 

普段のマンネリしがちな公園遊びに、ちょっとした刺激、プラスしてみませんか? 

 

 

余談。

せっかくなら泥だんごに着色してみよう!と思いたったぽんすけ。

ネットで調べたら「水彩絵の具と下敷きでできるよ!」と書かれていたので、着色してみました。

 

手のひら地球、作るぜ!

るんるーん♪

 

着色したあと下敷きでクルクル擦ると、ピカピカ地球になるとのこと。

くるくーる♪

 

くーるくる♪

くるくるくるるるっ♪

 

あっ

 

_(:3」∠)_

 

その後、他の泥だんごも着色してクルクルと下敷きで磨いてみたのですが・・・

ピカピカになりませんでした!

 

泥だんご初心者の技能では、絵の具の着色は難しいようです。

 

・・・こうなったら、

プロの手を借りるしか・・・っ

 

 

おあとがよろしいようで。

 

公園系の自由研究

 

www.ziyukenkyulab.com

 

 

www.ziyukenkyulab.com

  

www.ziyukenkyulab.com

 

www.ziyukenkyulab.com

  

www.ziyukenkyulab.com

  

www.ziyukenkyulab.com

  

www.ziyukenkyulab.com