自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

ピカピカどろだんごが簡単に作れる?!「どろだんごの王様」レビュー①【自由研究キット】

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

本日の記事は「自由研究キット」シリーズ第5弾!

学研「どろだんごの王様」を実際にやってみたお話をしていきます。

ひかるどろだんごせいさくキット」に引き続き、2つ目のどろだんごキットです。

 

実は、この「どろだんごの王様」と「ひかるどろだんごせいさくキット」が、

amazonのどろだんごキット「売れ筋」の2大巨頭!!!

 

この2つのキットの違いや、

制作時のコツ・注意点を合わせてご紹介していきます。

 

(多分)少しだけ、どろだんご技能が上がったぽんすけ。

今度のどろだんごもピカピカになるのか!?

はじまりはじまり~☆

 

 

「どろだんごの王様」の準備&作業の流れ

「どろだんごの王様」キットの中をご紹介。

箱を開けると、砂と、謎のプラスチックなグッズ。取扱説明書(マスターブック)が入っています。

 

取扱説明書を読むと、このキットではおおまかに4つの工程で作業が進みます。

 

1)だんごのもと(芯)を作る

2)だんごをけずって丸くする

3)だんごをみがいて光らせる

4)色つきだんごを作る

 

このキット1つで2つのどろだんごを作ることができます!

 

今回の作業では、「ひかるどろだんごせいさくキット」のときの反省を踏まえて、キット以外にも次のものも用意してみました。

(実際にキットをする方も、ぜひ用意してください) 

☑ (捨てても良い)濡れぞうきん&乾いたぞうきん

→めっちゃ手が汚れる。水道に流すと砂がパイプがつまる可能性あり。しかも、手が濡れてると作業ができない部分もある。

ぞうきんで手を拭いて、捨ててしまう方が楽。

 

☑ 工作用エプロン

→砂がへばりついて取りづらい+染料が服につくと、洗濯しても落ちない。

汚れても良い服で気にせず工作!

さあ、準備ができました!

いよいよ、作業開始です☆

 

だんごの芯を作ってみた(土作り編)

まずは、どろだんごの芯を作っていきます。

「芯用の土」を付属の袋に入れて・・・

 

そのあとに「芯用の砂」を入れます。

 

ここで、「キットが2つあるなら、まとめて作っちゃお!」と思ったぽんすけです。

さっそく、箱の中を確認します。が、

 

袋が・・・2個ない!?

 

取扱説明書を確認してみたところ、1つずつ作りましょうとのこと。

でも、説明書を見るに、完成まで2日間かかりそう・・・

・・・

・・・めんどくさい。

 

いきなり、取扱説明書に反して、一気に2つ作ることにしました。

家にあるジップロックさんを使って、同じように土と砂を入れます。

うん。いい感じ!

 

お次に付属の計量カップを使って、水を入れます。

そしたら、手のひらや指を使ってこねる!

めっちゃこねる!!

全体に水が回るまでこねます。

 

ただ土をこねてるだけなのですが、意外と大変!!

ちょっとこねただけでは、まだまだ水が回りきりません。

こねはじめは、そんなに力がいらないのですが、こねればこねるほど、土が固くなります。

ふおおおお!!と勢いよくこねていたのですが、だんだんと疲れが・・・

 

一回休憩しようかなー?なんて思い始めたころ、いい感じに水が回りました。

やった!!!

袋を開くと、THE 鉱物のにおい。

鉄とはちょっと違うのですが、独特なにおいが広がります。

 

だんごの芯を作ってみた(丸める編)

お次は、土をだんご状に固めていきます。

取扱説明書いわく

 

つくえにドンドンたたきつけ、1つにかためる

とのこと。

 

言われてた通り、軽く机にたたきつけてみます。

ドンドンドン・・・

・・・

・・・あれ?かたまらない?

 

たたきつけ力が足りなかったようです。

 

そこで、たぬきは全力でたたきつけてみます。

ドカドカドカドカ!!!!!

 

・・・机ががっくんがっくん揺れて、壊れるのではないかと一抹の不安。

でも、土は少しずつ固まってきました。

 

机壊れたら嫌だなーと、ためしにカウンターキッチンのカウンターでたたきつけてみたら、

ミシっミシっミシっ・・・

・・・

・・・

明らかに、ヤバい音!?

 

結局、机の脚と床の間にタオルを挟み込んでドカドカしました。

正直、机に対して効果があったかはわかりませんが、

無事、固めることができました。

 

ここから、軽く机にたたきつけり、手でたたきながら、少しずつ丸めていきます。

 

まる。です!

ひかるどろだんごせいさくキット」では、この時点でまんまるにしないといけませんでした(ここで作った形がそのまま完成形になる)。

しかし!

「どろだんごの王様」ではざっくりと丸になればいいとのこと。

「どろだんごの王様」では、不器用さんでも真球に近づける秘訣があるようです。

 

それが・・・「だんごをけずる」!!

「どろだんごの王様レビュー」②へ続く

次回は、「どろだんごの王様」独自の「けずり器」を実際に使ってみたお話をしていきます。

 

正直、このキットは「けずり器」のためだけに、購入してよい!!!

と思えるぐらい、すばらしいけずり器でした。

 

つづく!

www.ziyukenkyulab.com

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について