自由研究ラボ

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

【レモン電池キット】「お酢」で電池を作ってみた~作り方と結果~【勝手に自由研究】

あにょはせよー!ぽんすけです。

 

自由研究キットコーナーの定番「レモン電池の研究」を買ってみました!

f:id:ziyukenkyu_Lab:20180702153257j:plain

 

さて、この実験キットで実験をするには「レモン」がないと始まりません。

 

その足でレモンを探しにスーパーへ行ったぽんすけ。

野菜コーナーでレモンを発見。

「よし買うぞ!」とレモンを手を伸ばそうとしますが・・・値札を見て手が止まります。

1個150円

 

さて、みなさま、このレモン電池の実験で、レモンいくつ使うかご存知でしょうか?

 

Google先生に教えていただいたところ、

4個あってもちゃんと鳴らないとのことでした。

 

せっかくならば、ちゃんとオルゴールを鳴らしたい。レモンを6個くらい買いたい。

 

150円×6個=900円・・・

 

そして、ぽんすけは思います。

 

食べられないレモン(「実験に使ったら食べないでください」とキットの説明書に記載されていました)に900円・・・高い!!

 

そして、もったいない。

 

でも、せっかくならば食品で電池を作りたい。

 

心が痛まない程度の少量で電池になる。

 

そんな素敵な食品はないだろうか・・・・?

 

ついでに言うと、家にあるものがいい。(追加購入もったいない) 

f:id:ziyukenkyu_Lab:20180702155135j:plain


これだ。

 

 

ということで、 

 

レモン電池ならぬ、

お酢電池の世界へ、いざ行かん!

  

 

キットの中に入っているもの  

1)取り扱い説明書

この手順通りにキットを組み立てれば、簡単に電池を作ることができます! 

 

2)亜鉛、銅、鉄の金属板

レモンに刺す部分ですね。電池の電極になります。

それぞれ4枚ずつ入っていました。

失敗しても安心!

 

3)銅線

4)オルゴールのICチップ

 

キットにないが、必要になるもの

レモン電池キットを使うには、他にも自宅で用意するものがあります。

 

1)レモン→ただし、今回はお酢に変更!

!!注意!!

実験に使ったレモン・お酢は、全体に口に入れないでください!!

勿体ないからといって、料理に使わないでくださいね。有毒です。

 

2)紙コップ(1個)

3)セロハンテープ

4)はさみ

5)定規

6)単3電池(1個)(※説明書には「あれば」と記載されていますが、オルゴールの初期不良を確認するのに必要なので、必須。)

 

お酢を電池にする場合は以下も必要となります。

7) お酢を入れるビン or コップ

紙コップとかでもOK。こちらは鮭フレークの空き瓶です。

空き瓶を使う場合は、

洗剤でよく洗って、乾かしてから使ってください。

 

オルゴールを組み立ててみた

説明書の通り、オルゴールを組み立ててみました!

 

横からみるとこんな感じ。

 

組み立てたら、オルゴールが本当に鳴るのかをチェックします。

銅板を電池の+に、

亜鉛版を電池の-につないでください。

 

これで音が鳴ればOK!

 

お酢でオルゴールを鳴らしてみた

説明書いわく、

☑ 電流がいっぱい流れるとオルゴールが鳴る

☑ 電流があまり流れないとかすかに鳴る

☑ 電流が流れないと、オルゴールは鳴らない

とのこと。

 

お酢をどれくらいの量入れれば鳴るかわからないので、

10 gのお酢にオルゴールをセットしてみます。

鳴りました!

 

こうなると、どれくらいで鳴らなくなるか気になります。

 

お酢を少しずつ減らしていくと・・・1 gで鳴らなくなりました!

 

ということで、

「お酢」でも電池は作れます!

 

まとめ

「お酢電池」の作り方は以上になります。

参考になりましたらうれしいです。

 

余談ですが、

しょうゆ、ケチャップ、ゆずポン、掃除用のクエン酸水(いずれも10 g)

でも同じように実験したところ、すべて音が鳴りました!

 

レモンが高い!という方は、

「お酢電池」やその他の「調味料電池」もいかがでしょうか?

 

 

定番の実験

 

 

自宅でできる簡単な実験 

 

 

 

 

 

 

 

あ、ここの記事に気づいてしまいましたか?

ここからは、探究者なあなたへ送る、裏話です。

 

「お酢電池の作り方だけわかればいい!」

 

という方には蛇足になってしまうので、どうぞ見なかったことにしてください。

 

 

では、ぽんすけの裏話です。どうぞ。

 

~おまけの裏話~

 

本で調べてみると、

お酢の量が増えると、電流の流れる量の増えるらしい。

ということがわかりました。

 

じゃあ逆に、

10 g以上のお酢を使ったら、

オルゴールの音量が大きくなったり、

リズムが早くなったりしないのかなー・・・

と妄想。

 

ということで、お酢を少しずつ増やしていきました。

 

結果、

 音量も、リズムの速さも変わらない!?

 

調べてみると、

レモン電池に使われる電子オルゴールは、かなり少ない電流・電圧(1.5 V・0.1 mA)で音が鳴るうえ、

電池パワーが上がっても、音量が変わったり、音が早くなったりしないらしい・・・

 

もやもやを抱えるぽんすけ。

 

だって、

自分の電池パワーが上がったか確認したいじゃないですか。

自分の電池パワーをどんどんあげたいじゃないですか。

 

ぽんすけは、電池パワーがインフレーションしていくのを見たい。

 

電子オルゴール以外に、

我が「お酢電池」のパワーを確認する方法はないだろうか・・・

 

そこで、おもちゃ屋さんでたまたま見つけた、こちらのおもちゃ。

ミニ四駆。

 

お酢電池のパワーが上がれば上がるほど、

ミニ四駆の走るスピードが上がったら面白いのでは!?

 

そんな発想から、研究テーマ変更!

「【レモン電池キット】自作のお酢電池で、ミニ四駆を走らせよう!!」

 

自由研究の、はじまりだ。

 

・・・としたかったのですが、

 

残念ながら、ミニ四駆を走らせることはできませんでした。

 

ミニ四駆は、内臓されているモーターで走るのですが、

 

お酢電池では、モーターを走らせるのに十分な電流を出すことができませんでした!!!!

 

ぽんすけの小さな頭と、Google先生と本を頼りに、いろいろなお酢電池を作ってみました。

 

バケツ一杯のお酢を使ってみたり、

酢の濃度をあげてみたり、

電極にいろいろなものをつかってみたり、

 

思いつく限り試してみたのですが、

ミニ四駆は、動かざるごと山のごとし!

 

たぬきの心は折れました。

 

泣く泣く、ミニ四駆を走らせることをあきらめました。

 

 

実はこの自由研究は、

本ブログを書き始めて、最初の自由研究でした。

 

せっかくのレモン電池キット。どうにか活用したい。

 

面白さを見つけ出して、みなさまに紹介したい。

 

そんな気持ちで、試行錯誤をしてみたのですが、

残念ながら力及ばず・・・

 

今後もこのブログを続けて、自由研究力がUPした未来のぽんすけに

面白さの発掘を託します!

 

以上です。

ちょっとでも楽しんでいただけたらうれしいです。  

 

 

更に余談。

思い付きだけでミニ四駆を購入したものの、「お酢電池」で走らせられないことがわかり、

「無駄金使った!!!!」

と嘆いていたぽんすけ。

そこに救世主が現れます。

 

その名も、息子(3歳)

 

丁度レーシングカーにハマっていた息子にとって、ミニ四駆のフォルムはドンピシャだったようです。

母監督下のもと、息子のおもちゃになりました。

 

使いどころがなくなったミニ四駆に対する、母の嘆きもなくなり、

息子は新しいおもちゃにホクホク。

 

最後はWINーWINなので、良し!

 

おあとがよろしいようで。