自由研究Lab.(自由研究ラボ)

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

【水だんごお菓子】つかめる!ふしぎ玉の作り方と味レビュー

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

以前、自由研究キット「つかめる水!?学研「カラフル水だんご」キットやってみた!【自由研究キットレビュー】 - 自由研究ラボ」のお話をしたぽんすけです。

 

この「カラフル水だんご」キットでは、透明なムニムニだんごを作ることができました。

こちらの「カラフル水だんご」の原材料って、調べてみると人工いくらなどに使われている「食用品」なのですね。

(残念ながら、キットに使われている原材料は食用ではありません)

 

そうなったら、思うじゃないですか。

食べたい!

せっかく作ったから、食べられるなら、食べたいじゃん?

 

なーんて思って、はや3か月。

息子と一緒におやつコーナーを物色していたときに、見つけてしまったのです。

 

 

裏面を見たら、原材料は(ほぼ)「カラフル水だんご」キットと一緒!

 

これは、やるしかない!

 

ということで、本日の記事は「つかめる!ふしぎ玉」のレビュー!

「ねるねるねるね」でお馴染み(株)クラシエフーズさんに感謝の気持ちをささげつつ、お話していきます。

 

はじまりはじまり~☆

 

 

「つかめる!ふしぎ玉」の作り方

ぶどう&ソーダジュースと「ふしぎジュース」を作る

袋を開けると、中からこんなものが出てきました。

怪しげなジュースのもとが3種類!

ブドウ味・ソーダ味のもとに、「ふしぎジュースのもと」がはいっています。

 

袋の後ろに作り方が書いてありました。

 

シ、シンプル・・・っ!

「カラフル水だんご」キットでは説明書が長かったのですが、「ふしぎ玉」は簡単に作れそうです。

 

では、実際に作ってみましたのでご紹介。

まずは、トレイを分割して、お水(水道水でOK・硬水不可)を入れます。

 

お次に、ぶどうの素を入れます。

そして、混ぜる!!!

説明書によると、70回混ぜ続けます。

混ぜはじめはざらざらとした感触だったのですが、70回を超えたところで、ざらざら感はなくなりました。

 

鼻歌交じりで「ふんふーん♪」と混ぜていたら・・・

・・・

・・・・

こ、こぼした!!!

トレイが予想以上に小さかったので、ブドウ液を外にこぼしてしまいました。

「もっと、トレイが大きければいいのに!!」と、ぷんすこしていたたぬきです。

 

ここで、もう一度、説明書をよく見ます。

要訳します。

「小さいトレイは小さいピンクのスプーンで混ぜてね」 

 

OH!!

賢いみなさまは、説明書の通り小さいスプーンを使ってください(小さいスプーンなら多分こぼれない)。

この後の工程で小さなスプーンは出てきません。

使ってあげられなくて、ごめんよ、スプーン。

 

閑話休題。

 

ピンクスプーンの恨みを感じつつも、どうにか3つの液体を作ることができました。

 

ここまでが、下準備。

いよいよ、ふしぎ玉を作っていきます!

 

ぶどう&ソーダジュースを「ふしぎジュース」に入れる

 

まずは、ふしぎジュースを大きなスプーンに少しだけ入れます。

 

そのあと、ソーダジュースを静かにそそいでください。

 

ここで、説明書に書かれていないコツ!

「ふしぎジュース」は大きいスプーンの1/5~1/4くらい入れてください。

 

目安は、ぶどう&ソーダジュースを入れたときに、いくらっぽくなるくらい。

 

大きいスプーンに「ふしぎジュースを」入れていないと、「ふしぎ玉」を丸くするのが結構、難しい!

いびつな玉になります。

※左下の「ふしぎ玉」は大きいスプーンに「ふしぎジュース」を入れずに作ってみました。ぼっこぼこです。

 

では、改めまして、ぶどう&ソーダ玉をどんどん作っていきます!

 

ジュースを全部入れたら、5分待ちます。

ちっちっちっ

ちーん!

 

スプーンですくったら、できあがり!

 

「つかめる水」キットと見た目が完璧に一致!

ワクワクと「ふしぎ玉」を掴んで口に入れ、入れ、いれ・・・・

・・・

・・・・

 

わ、割れた!?

 

www.ziyukenkyulab.com

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について