自由研究ラボ

研究大好きな主婦が、さまざまな自由研究を実践・ご紹介します!

学研「カラフル水だんご」キットやってみた!【自由研究キットレビュー】

ぽんぽこぽん!ぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

 

以前の「ひかるどろだんごせいさくキットをやってみた!」で自由研究キットの楽しさに目覚めたぽんすけ。

 

さらにさらに、今年の夏休みに、「自由研究ラボ」のアクセス数が増えたおかげで、自由研究キットを購入するだけの収益が得られました!

 

これは、キットを買うしかない。

 

と思っていたら・・・

当ブログの読者様でもあらせられる母上さまが、

自由研究キットを送ってくれました。

 

なにこれ、ムニムニ楽しそう!!

 

さっそく、「カラフル水だんご」制作に取り掛かることにしたたぬきでした。

 

ということで、

本日の記事は、学研「カラフル水だんご」キットを実際にやってみたお話です。

 

これから「カラフル水だんご」をやろうかなーと悩んでいる人にも参考になるように、制作時のコツや注意点もあわせてご紹介します。

  

では、はじまりはじまり~

 

 

「カラフル水だんご」の中身のご紹介

 

 箱を開けて出てくるのは・・・

どどん!

 

水だんごを作る元となる「水だんごパウダー」。

水だんごを固める「かためる水パウダー」。

なんだかよくわらからないけど、ざらざらした素材の「ふしぎカップ」。

あとは着色用の色素や、パレット、などなどが入っていました。

 

さあ、ワクワクしてきましたよ・・・っ。

 

説明書をザっと呼んで、いざスタート!

 

・・・と思ったら、自宅で準備するものがありました。

 

まずは、洗って乾かしたペットボトル(500mL)を2本!

 

ボウル

 

あとは、割りばしや新聞紙が必要とのこと。

いそいそと準備をして・・・ようやくスタート!

 

「カラフル水だんご」を実際につくってみた!

【準備編】「水だんご液」と「かためる水」をつくってみた

水だんごを作るための準備をしていきます!

まずは、水だんごパウダーとお湯をペットボトルに入れて・・・振ります! 

 

ふりふりふり

ふりふり・・・

 

・・・

 

5分経過。

と、溶けない・・・っ

 

いきなり、心と二の腕の筋肉が折れそうです。

 

説明書を読むと10分振ってねとのこと。

 

・・・・

・・・・

うおおおおおおお!!(ふりふりふり)

 

(ぴったり10分経過)

 

細かい泡はありますが、だまになっていた粉は溶けました!

すでに、運動不足で貧弱な二の腕はぷっるぷるです。 

 

これで、「水だんご液」が完成!

 

一抹の不安を抱えつつ、お次の「かためる水」を作ります。

こちらも、ペットボトルにお水と「かためるパウダー」をいれて、振ります。

うおおおおおおお!!

・・・

 

あれ? 

1分も経たずに溶けました。 

 

溶け方が全然違います。

水だんご液作りは、子供にはつらそうですが、かためる水作りなら子供で楽しくできそうです!

 

準備はこれだけ。

では、いよいよ、水だんごを作っていきます。

 

【練習編】無色の水だんごつくってみた

作成した「水だんご液」を「ふしぎカップ」にちょっぴり入れます。

 

ボウルに「かためる水」を全部入れて、ふしぎカップの中の「水だんご液」カップの上を滑らせるように、ゆっくり入れます。

(見づらいですが、真ん中に水だんご液が入っています)

 

3分待ちます。

 

・・・

・・・

 

できあがりです!

 

なんだ、このニョロニョロ!?

 

どう見ても、だんごじゃない!

うーん・・・??

 

試行錯誤してみたところコツががあることがわかりました。

 

説明書に載っていない!コツ「ふしぎカップの使い方」

ここだけの話、水だんごを作るときのキモは「ふしぎカップ」です。

 

この「ふしぎカップ」はただの入れ物ではなくて、

表面のザラザラが、水をはじいて丸める効果を持っています。

 

最近だと、ヨーグルトのふたとかに使われているしくみですね。

こちらも、ふたがザラザラ加工されているので、ヨーグルトをひっくり返しても、くっつきません。

 

今回のキットでは、

「水だんご液」を「ふしぎカップ」に入れて、「かためる水」に滑るように入れることで、まんまるな水だんごができるのですね。

 

逆に言うと、「ふしぎカップ」のザラザラがないと、まんまるな水だんごを作ることができません。

 

では、こちらをご覧ください。

ザラザラが、ない!

 

大量生産の悩みですね・・・端っこの方にザラザラ加工がなくなっている部分があります。

 

なので、ザラザラ加工が端っこまである部分を使って、すべらせるように水だんご液を入れてください。

 

 ふしぎカップの向きを意識して、水だんごを作ってみると・・・

 

とんがりはありますが、かなり丸くなってきました!

 

何度も練習してみると・・・・

おっ!

 まる。です!

 

これで、まんまるだんごが作れるようになってきました☆

では、ここから色のついた水だんごを作ってみます!

 

スポンサーリンク  

 

【初級編】カラフル水だんごつくってみた

 キットに入っているパレットに、水だんご液をいれます。

 

 色パウダーを少しだけ取って、水だんご液に投入!

 

これは簡単!と、調子に乗って色パウダーを入れていたぽんすけです。

ふんふーん♪

 

・・・・

あっ・・・

色パウダーが飛んだ!!!

 

色パウダーはとっても軽くて、ちょっと油断していたら、お隣さんに混ざってしまいました。

おおう・・・と悲しみのぽんすけです。

 

こんなときこそ、深呼吸。

 

周りを見渡して、この「困った」を解決する方法はないかしら・・・?

・・・

よし。ティッシュでふき取ってしまえ。

 

と、ためしに、表面の色パウダーをティッシュなどですくいとると、パウダーをとることができました。よかったよかった。

 

改めて、割りばしでよーく混ぜると、キレイな色の水だんご液が完成! 

 

さらに、作った色を混ぜて、6色パレットにしてみました。

 

あとは、透明な水だんごを作ったときと同じ手順で、どんどん水だんごを作っていきます。 

色がつくと、超キレイ!

 

ぷにぷに感がたまりません。

 

ためしに、全部の色を混ぜたのも作ってみたり。 

 

小学生時代に、スライム作りが大好きだったぽんすけ、ワクワクです。

最初はうまくできなかったまんまるだんごも、かなり上手に作れるようになってきました!

 

ここからは、いろいろな種類もチャレンジ!

 

【中級編】いろいろな形の水だんごつくってみた

今度は、付属のスポイトをつかって、粒状の水だんごをつくっていきます。

 

水だんご液をスポイトでとり、一滴ずつ、かためる水に垂らしていきます。

 

1分も待たずに、大量のつぶつぶ水だんごが完成!

 

こちらも一つ一つを見ると、とても色鮮やかでキレイです!

 

お次はスポイトを使って、蛇のようなにょろにょろ水だんごを作ってみました!

スポイトの先をかためる液の中につけて、一定の力で水だんご液を押し出します。

 

にょろにょろーん。

ひっぱるとゴムのように伸びる水だんごです!

ヨーヨーみたいに遊べて、意外と楽しい☆

 

【上級編】超巨大な水だんごつくってみ…たかった!(悔)

お次は、説明書にハッキリと「難しい」と書かれた、

超巨大な水だんご作りにチャレンジ・・・!

 

まず、ふしぎカップに、たくさんの水だんご液をいれます。 

 

 そして、ゆっくりと固める液の中で抜き取って・・・

おっと!

ちょっと形は崩れましたが、丸いのができそうですよ。

 

10分待ちます。

・・・

・・・

 

よし、だんごを取り出すぞ・・・! 

 

OH! NO! 

説明書通りにやってみたのですが、うまく中まで固まらず、崩れてしまいました。

 

待ち時間を長くしたら、うまくいくかな?と思い、15分待ちで作成しなおしてみたものの・・・

 

うーん・・・超巨大な水だんご作成には、もう少し修行が必要なようです。

 

このキットの【すごい!】ところ 

他では作れない「大きい水だんご」が作れる「ふしぎカップ」

「水だんご」や「つかめる水」と銘打たれた同じ原理の自由研究キットはたくさん売られています。

ですが、実は、一般的なキットで水だんごを作ろうとすると、指の先に乗る程度の小型なものを作るのが精いっぱいです。

 

そんな中、こちらのキットでは「ふしぎカップ」が入っているので、通常では作れないような大型の水だんごを作ることができます!

 

さすが、科学キット大手、学研さん! 

 

たくさん材料が入っているので、1つのキットで複数のお子さんと遊べる

「水だんご」や「つかめる水」キットの中では、お値段高めな本キット。

しかし、キットの中にたくさん材料が入っています。

 

このキット一つで、子供3人くらいなら余裕で遊べます!

もし、複数のお子さんと一緒に遊んでみたい場合は、このキットがオススメです。 

 

このキットの【惜しい!】ところ「工作として展示できない」

学校の自由研究として本キットをご検討の方にとってはネックかもしれません。

これ、見た目もかわいいし、キレイ。

作るのも簡単で楽しい。

 

けど・・・

半日も経たずに、だんごは溶けます。

 

もし、何も知らずに展示したら、ただのドロドロに溶けた物体が並ぶことに・・・

 

もし学校の自由研究としてこのキットを使う場合は、調べもの学習としてのご利用をオススメします。

 

まとめ 

☑ 手軽でムニムニが楽しい自由研究キット!

☑ 自由研究としての対象:小学校中学年以上(調べもの学習向け)

 

「カラフル水だんご」キットやってみた!いかがでしたでしょうか?

 

実はこちらの「カラフル水だんご」は、多くの本屋さんで取り扱われている、身近な自由研究キットだったりします。

 

実際に自由研究の工作として使うことは難しそうですが、

子供と一緒に遊ぶには手軽で楽しい実験キットです!

 

子供と一緒にムニムニ感を楽しんでみてください! 

 

おあとがよろしいようで。

 

カラフル 水だんご (科学と学習PRESENTS)

カラフル 水だんご (科学と学習PRESENTS)

 

 

www.ziyukenkyulab.com

 

 

www.ziyukenkyulab.com

 

 

www.ziyukenkyulab.com