まとめ方

画用紙 vs 模造紙 vs レポート!自由研究のまとめ別メリット・デメリット

こんな人にオススメ▼

自分の自由研究にピッタリなまとめ方を知りたい小学生の保護者や中学生

ぽんぽこぽん!サイエンス・コミュニケーターのぽんすけです。

お読みいただきありがとうございます。

「自由研究が終わった!」

「さあ、まとめるぞ!」

となったときに、一番困るのが「どの素材を使ったまとめ方にすればいいの・・・?」という点ではないでしょうか?

「自由研究 まとめ方」なんて検索してみると「画用紙」「模造紙」「スケッチブック」のような、素材別の検索キーワードの候補が出ます。

・・・

まとめ方を決めたいのに選択肢が多すぎる!!!

「自由研究 画用紙 レイアウト」と検索しても、バラバラなレイアウトが出てきて、どれがいいか決められないんです。

正直「自分の自由研究にピッタリなまとめ方はどれ?」って思うのも無理ありません。

そこで、今回の記事では、自由研究のまとめ方(画用紙・スケッチブック・模造紙・レポート)別のメリット・デメリットを紹介しながら、オススメのまとめ方を紹介していきます。

この記事を読めば、あなたの自由研究テーマにピッタリなまとめ方を決められるはずです。

まずは、一言でまとめた結論からお話しておきますね!!

自由研究のまとめ方別オススメな人一覧▼

・画用紙:文字を書くのが苦手な子にオススメ!

・スケブ:絵と写真をいっぱい使いたい子にオススメ(低学年に一番オススメ)!

・模造紙:みんなに見てもらいたい子にオススメ!

・レポート:ガッツリ実験をまとめたい子にオススメ!

このあと、もっと詳しく解説していきますが、お急ぎの方は、この表を参考にしてまとめ方を選んでください▼

画用紙スケブ模造紙レポート
推奨学年小1~小4小2~小6小4~中3小4~中3
簡単さ×
プレゼンしやすさ×
手助け必要度ほどほど少ない多い多い
メリット ・文字を書くのが苦手でも書きやすい

・絵の具がキレイに発色する

・素材が身近

・写真をキレイに持っていける

・冊子にする必要がなく運びやすい

・(意外と定番のまとめ方)

・1度に多くの人に見てもらえる

・自由研究の内容を理解してもらいやすい

 

・じっくり読める

・図表を書きやすい

基本的に中学生の自由研究はレポート。

 

デメリット・冊子にするのが面倒 

・(意外と定番ではない)

・スケブを買わなきゃいけない 

 ・空白が多くなる

 

・ 模造紙を買わなきゃいけない

 ・レイアウトをしっかり決める必要アリ

・時間がかかる(根気が必要)

 ・読んでもらえるのは少数の友達&先生

・実験向け。小さな文字や表が書けないとまとめが難しい

・自由度が低い

こんな人にオススメ!・家に画用紙がある

・文字を書くのが苦手

・思いっきり絵を描きたい!

・手助けできる時間が少ない

・絵と写真をいっぱい使いたい!

・(低学年なら一番オススメ!)

・みんなに見てもらいたい!

・(将来は研究者になりたい!)

・ガッツリ実験してまとめたい!

・(レポートを書く練習を先取りしたい。)

・(自由研究をコンクールに出したい)

 

さっそく具体的にお話していきますね。

では、はじまりはじまり~☆

画用紙のまとめ方のメリット・デメリット

まずは、画用紙のまとめ方のメリットをお話していきます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200317094259j:plain

自由研究を『画用紙』でまとめるときのメリット

・紙をいろいろな方向に動かせる=絵や文字が書きやすい

・絵の具を使いたい場合は、一番キレイに発色する

画用紙のまとめ方で一番いいところは、紙を自由に動かせるところ。

紙を自由に動かせるから、手の位置を自由に置くことができます。

また、他のまとめ方と違って、1枚1枚別々に紙を使うことができるため、文字を書いたり絵を描きやすいです。

それに画用紙って、学校で頻繁に利用する分、お子さんが取り扱いに慣れていますよね。

お子さんにとって、まとめるときのハードルが低いまとめ方です。

 

お次はデメリットについてお話していきます。

自由研究を『画用紙』でまとめるときのデメリット

・冊子にするのが面倒

画用紙をバラバラなまま学校に持っていくのは大変。

基本的に、冊子状にまとめます・・・が。それがめっちゃ面倒!

「道具がない!」「子供がはみ出して書いてる!どうしよう!?」なんてアクシデントが起こりがちです。

なので、画用紙でまとめたいと思ったときは、最終的にどんな風に冊子にするかを考えておく必要があります。

また、低学年の子にとっては持っていくハードルがちょっと高い。

どうしても端っこが折れてしまうことがあるのはデメリットです。

【写真付き】小学生の自由研究を画用紙にまとめる方法 こんな人にオススメ▼ ・画用紙で自由研究をまとめたい方 ・具体的なレイアウトを知りたい方 ぽんぽこぽん!サ...

スケッチブックのまとめ方のメリット・デメリット

次は『スケッチブック』のまとめ方のメリットをお話していきます。

スケッチブック表紙

自由研究を『スケッチブック』でまとめるときのメリット

・写真をキレイに持っていける

・冊子にする必要がない

・プレゼンしやすい

『スケッチブック』のまとめ方で一番いいところは、とにかく持ち運びがしやすい!

写真や絵を貼っても、スケッチブックをパタンととじれば、はがれる&折れることはありません。

すでに冊子になっているため、わざわざ冊子にする必要もないところがうれしい。

まとめるときに、工作的な親の手伝いが不要です。楽。

個人的には、低学年の子に一番オススメのまとめ方です。

 

もう1つスケッチブックのよいところがあって・・・プレゼンがしやすい!

画用紙でプレゼンをしようとすると、紙芝居のように紙をめくりながらお話することになるのですが、結構まごつきます。

一方でスケッチブックだと、教卓にスケッチブックを乗せて、ペラペラとめくるだけでみんなに見せることができます。

もし、学校でプレゼンがある場合も、スケッチブックはオススメです。

お次はデメリットについてお話していきます。

自由研究を『スケッチブック』でまとめるときのデメリット

・わざわざスケッチブックを買わなきゃいけない

・空白が多くなる

あなたのご自宅に、使っていないスケッチブックってありますか?

もしあるならいいのですが、ないときは100均に買いに行く必要があります。

ちょっと面倒。

それに、スケッチブックの全ページを埋めることは、けっこう大変!

どうしても、スケッチブックの後半部分は何も書かれていない空白状態になります。

ただ、正直、ぽんすけ的には「書かなかった空白部分を全部破ってしまう」という最終手段があるので、画用紙よりはオススメできるなぁと思っているまとめ方です。

【写真付き】小学生の自由研究を画用紙にまとめる方法 こんな人にオススメ▼ ・画用紙で自由研究をまとめたい方 ・具体的なレイアウトを知りたい方 ぽんぽこぽん!サ...

模造紙のまとめ方のメリット・デメリット

次は『模造紙』のまとめ方のメリットをお話していきます。

料理向け自由研究の模造紙まとめ方 ハシビロコウを模造紙にまとめた

自由研究を『模造紙』でまとめるときのメリット

・みんなに見てもらえる

・自由研究の内容を理解してもらいやすい

『模造紙』のまとめ方で一番いいところは、みんなに見てもらえるというところ。

単純に、デカい!目立つ!

学校展示されたときに、一番目に留まるのは模造紙です。圧倒的。

そのため、いろいろな人が読んでくれるのがとてもうれしい。

また、他のまとめ方と違って、自由研究の全体の内容が一目でわかります。

模造紙でまとめられた自由研究は、自分が頑張ってまとめたことが他のみんなに伝えやすいです。

せっかくまとめたからには模造紙チャレンジはぜひオススメしたい・・・ですが。

あなたもお気づきだと思います。

自由研究を模造紙でまとめるのって、結構ハードル高いんですよね。



お次はデメリットについてお話していきます。

自由研究を『模造紙』でまとめるときのデメリット

・圧倒的に時間がかかる(根気が必要)

・レイアウトを決める必要がある

模造紙でまとめるときは、模造紙にペンを入れる前にやることがたくさん!

たとえば・・・

・模造紙のレイアウトを決める

・模造紙に書ききれるように、書く内容を整理する

などなど。

 

書き損じを減らすために、下書きをする場合もあります。

お子さんが小学校低学年~中学年なら、親がガッツリ手伝う必要もある!

自由研究のまとめ方の中で、一番、時間かかります!

さらにさらに、最後まで書ききる根気も必要。

なので、模造紙でまとめるのは小学校高学年以上が推奨です

 

要するに・・・模造紙でまとめるのはハイコスト・ハイリターンです。

 

ちょっと余談。

研究者が、研究発表するときの方法の1つに「(模造紙のような)巨大ポスターを使った研究発表」があります。

もしあなたのお子さんないし、あなたが将来研究者になりたい!と思っているなら、ぜひ、自由研究を模造紙でまとめてみてください。

将来の夢への一歩を、先取りできます。

関連記事▼

【実験や料理の自由研究に】書き損じに困らない模造紙のまとめ方

【自由研究】調べ学習を模造紙にまとめるシンプルな方法

レポートのまとめ方のメリット・デメリット

次は『レポート』のまとめ方のメリットをお話していきます。

f:id:ziyukenkyu_Lab:20200619221658j:plain

自由研究を『レポート』でまとめるときのメリット

・【前提】中学生の自由研究はレポートでまとめる。

・図表を使ってまとめやすい

・じっくり読める

(・コンクールに出すならまとめ方はレポート)

まず、メリットではないのですが大前提。

もし、あなたが中学生なら、自由研究はレポートでまとめてください。

模造紙もOK(※学校によります。確認してくださいね)

画用紙が基本!じゃないですよ(ネットの検索結果に惑わされないでください)。

 

では、話をメリットに戻します。

たとえば、たくさん調べものをしたり、実験したりしたとき、図や表を使うことになると思います。

図表を使うなら、圧倒的にレポートがまとめやすいです。

また、学校の先生に腰を据えてじっくり読んでもらうなら、レポートがオススメ。

あと、もう1つ押さえておいてほしいことは「コンクールに応募するならレポート」という点。

小学校高学年以上のコンクールはたいていの場合「レポート」が指定されています。

トロフィー画像
【2021年版】受験に使える『自由研究コンクール』一覧小・中学生が応募できる「自然科学(実験・観察)」に関する自由研究コンクールのまとめです。 さまざまな自由研究コンクールの中でも、 ...

学校に出すだけでなく、コンクールの応募を検討されているならレポートにまとめておくことをオススメします。

 

お次はデメリットについてお話していきます。

自由研究を『レポート』でまとめるときのデメリット

・展示したときに読んでもらえる率は低い

・小さな文字や表が書けないとまとめが難しい

・自由度が低い

他のまとめ方と比べると、たくさん文字を書くことになるので、展示しても読んでもらえる率は下がります(読むのが苦手な子は見ないです)。

また、レポート用紙にまとめられるくらいの、小さな文字や表が書く必要があります。

小学校中学年以上が推奨です。

それと、レポートに一番特徴的なデメリットは・・・自由度が低いという点。

「自由研究のレポート」って割としっかりとしたテンプレがあります。

細かいルールも多いんですね。

※参考▼

小学生向きレポートの書き方(執筆中)

中学生が知っておくべき自由研究の『実験レポートの書き方』

中学生以上では必須のまとめ方ですが、他のまとめ方の方が自由にまとめることができます。

もしあなたのお子さんが小学生で、図表をたくさん使う予定がないのであれば、他のまとめ方をオススメします。

まとめ

最後に、もう一度まとめた表を掲載しておきますね!

画用紙スケブ模造紙レポート
推奨学年小1~小4小2~小6小4~中3小4~中3
簡単さ×
プレゼンしやすさ×
手助け必要度ほどほど少ない多い多い
メリット ・文字を書くのが苦手でも書きやすい

・絵の具がキレイに発色する

・素材が身近

・写真をキレイに持っていける

・冊子にする必要がなく運びやすい

・(意外と定番のまとめ方)

・1度に多くの人に見てもらえる

・自由研究の内容を理解してもらいやすい

 

・じっくり読める

・図表を書きやすい

基本的に中学生の自由研究はレポート。

 

デメリット・冊子にするのが面倒 

・(意外と定番ではない)

・スケブを買わなきゃいけない 

 ・空白が多くなる

 

・ 模造紙を買わなきゃいけない

 ・レイアウトをしっかり決める必要アリ

・時間がかかる(根気が必要)

 ・読んでもらえるのは少数の友達&先生

・実験向け。小さな文字や表が書けないとまとめが難しい

・自由度が低い

こんな人にオススメ!・家に画用紙がある

・文字を書くのが苦手

・思いっきり絵を描きたい!

・手助けできる時間が少ない

・絵と写真をいっぱい使いたい!

・(低学年なら一番オススメ!)

・みんなに見てもらいたい!

・(将来は研究者になりたい!)

・ガッツリ実験してまとめたい!

・(レポートを書く練習を先取りしたい。)

・(自由研究をコンクールに出したい)

 

参考になったらうれしいです!

おあとがよろしいようで。

howtoSM_3
自由研究のまとめ方【定番】5選!レイアウトをまるっと紹介このページでは、学校の先生や学芸員へのインタビューをもとにして作成した『自由研究のまとめ方の基本』を一覧にしています。 自由研究の...

自由研究のテーマ決めに困っていませんか?

毎年、自由研究に頭を抱えていませんか?

「自由研究お手伝いサービス」をご利用ください▼

お手伝いサービスアイコン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です